くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

史上最強の暗号資産積立サービス 「bitFlyer かんたん積立」に隙はないのか検証してみました

f:id:kumablogreview:20210306110825j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

2ヶ月前にCoincheckの「Coincheckつみたて」とGMOコインの「つみたて暗号資産」を比較する記事を書いたところ、間髪入れずに同業他社のbitFlyerから「bitFlyer かんたん積立」が爆誕したので、今回は暗号資産の自動積立サービスとしては後発にあたる、「bitFlyer かんたん積立」に隙はないのか検証してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.「bitFlyer かんたん積立」は月々1円からの自動積立が可能

先に結論から申し上げると、これから暗号資産の自動積立に少額でチャレンジしたいと考えている方には、「bitFlyer かんたん積立」に先行してサービスがスタートした「Coincheckつみたて」や「つみたて暗号資産」よりも、設定の自由度が高いことから「bitFlyer かんたん積立」の利用をお薦めしたいと思います。

「bitFlyer かんたん積立」では、現在ビットコインをはじめとする12種類の通貨を自動で積み立てることが可能ですが、参考までに上記三社の積立金額と積立頻度を比較してみました。

 

・積立金額

bitFlyer かんたん積立:月々1円から1円単位で設定が可能

Coincheckつみたて:月々10,000円から1,000円単位で設定が可能

つみたて暗号資産:月々1,000円から1,000円単位で設定が可能

 

・積立頻度

bitFlyer かんたん積立:毎日1回,毎週1回,毎月2回(1日と15日),毎月1回(日付の指定可)の中から選択が可能

Coincheckつみたて:毎日1回と毎月1回(日付の指定不可)の二択

つみたて暗号資産:毎月1回(日付の指定不可)

 

他二つと比較しても「bitFlyer かんたん積立」は設定の自由度が高すぎるので、かなりやばいですね。(笑)

 

2.「bitFlyer かんたん積立」は口座振替の指定ができない

スペック的に完璧とも思える「bitFlyer かんたん積立」にも、隙がないわけではありません。

一例として、「bitFlyer かんたん積立」では口座振替の指定ができないので、サービスを利用したい場合は、事前にbitFlyerのアカウントへ日本円を入金しなければいけません。

bitFlyerでは、振込手数料無料で入金可能な銀行は住信SBIネット銀行のみで、その他の銀行からの振込は1回あたり税込330円の手数料が発生するので、「bitFlyer かんたん積立」を利用する場合は、極力住信SBIネット銀行の口座を開設しておきましょう。

ちなみに最大のライバルと目される「Coincheckつみたて」は、口座振替で暗号資産の自動積立が可能なので、この点についてはデメリットと言えなくもないですね。

 

3.「bitFlyer かんたん積立」の利用はアプリのみ

また、デメリットなのか微妙なところですが、「bitFlyer かんたん積立」の利用は現状アプリのみで、パソコンでは「bitFlyer かんたん積立」を利用できないのでご注意を。

 

4.「Coincheckつみたて」の既存ユーザーには乗り換えよりも併用がお薦め

「bitFlyer かんたん積立」のスペックが魅力的なのはある程度ご理解いただけたと思いますが、「bitFlyer かんたん積立」のサービスが始まる以前から「Coincheckつみたて」を利用していたユーザーは、果たして「bitFlyer かんたん積立」に乗り換える必要があるのか、疑問が残るところですよね。

私自身が「Coincheckつみたて」をガチで利用しているユーザーでもあるので、私見を述べさせていただくと、これから暗号資産の自動積立を始める人は兎も角、既に「Coincheckつみたて」で暗号資産の自動積立に取り組んでいる方は、わざわざ乗り換える必要もないのではと考えます。

ただし、「Coincheckつみたて」は設定してから約1ヶ月後に自動積立が始まる一方で、「bitFlyer かんたん積立」は設定の翌日から自動積立を始められるメリットがあるので、暗号資産のトレードに関して、私は以下の方針を策定しました。

 

・Coincheckつみたて

中長期的に毎月1万円分のビットコインを「毎日つみたてプラン」で購入する。

ビットコイン価格の長期的な上昇を期待しているので、原則利確は行わない。

 

・bitFlyer かんたん積立

ビットコイン価格が暴落した時に限り、毎日1回の積立プランでお買い得になったビットコインを1日あたり1万円程度購入する。

IPOの地合いが急激に悪化して現金の行き場がない場面を想定しているので、ビットコイン価格が回復した段階で一旦利確、中期的な投資で得られたリターンをIPOの抽選に再利用して、「bitFlyer かんたん積立」の利用はリスクオフ限定とする。

 

暗号資産のトレードに興味のある方は是非一度お試しを。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

コインチェック

運用期間2ヶ月目 「Coincheckつみたて」の「毎日つみたてプラン」(ビットコインの積立投資)は儲かるのか、身銭を切って検証してみました。

f:id:kumablogreview:20210105003508j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

「Coincheckつみたて」でビットコインの積立投資を始めて1ヶ月以上が経過したので、今回は運用期間2ヶ月目の成績をさくっとレポートしてみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.「Coincheckつみたて」について

Coincheckの「Coincheckつみたて」とは、ビットコインをはじめとする13種類の暗号資産を月次もしくは日次で自動積立できるサービスです。

ビットコインと「Coincheckつみたて」の魅力については、下記の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はどうぞ。

 

www.kumablogreview.com

 

2.運用期間2ヶ月目の成績

f:id:kumablogreview:20210224012819j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

評価額:23,597円
元本:20,000円
評価損益:+3,597円

 

ビットコインの積立投資を始めてまだ2ヶ月程度しか経っていませんが、資産は着々と増えてますね。

ビットコインをはじめとする暗号資産は他のアセットに比べてリスクが高めなので、資産の大部分をベットするのは全くお薦めできませんが、個々人の身の丈にあった金額で積立投資するのであれば、長期的なグロースが期待できる興味深い金融商品です。

ただし、アルトコインについてはビットコイン以上に投機的な性格が強く、価格の値動きもほとんどビットコインに連動するので、積立投資するのであれば基本的にビットコイン一択、資金に余裕があってリスクの分散を図りたい場合は、米国の株価指数に連動するインデックスファンドへの投資を強くお薦めします。

「Coincheckつみたて」の成績については、今後も月次でレポートしますのでお楽しみに。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの「Coincheckつみたて」に関する記事でした\(^o^)/

コインチェック

Coincheckの「Coincheckつみたて」とGMOコインの「つみたて暗号資産」を比較してみました

f:id:kumablogreview:20210105003508j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

表題のとおり今回は、Coincheckの「Coincheckつみたて」とGMOコインの「つみたて暗号資産」、それぞれのサービスを比較してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.暗号資産の自動積立が可能な暗号資産交換業者はCoincheckとGMOコインだけ

2021年1月の現在において、暗号資産の自動積立が可能な暗号資産交換業者はCoincheckとGMOコインだけです。

腕に自信のあるトレーダーであれば、自動積立にこだわる必要性は全くありませんが、極力リスクを抑えた手法で暗号資産のトレードにチャレンジしたい方には、ドルコスト平均法のメリットを最大限享受できる自動積立がお薦めなので、月額いくらから投資が可能なのか、どんな通貨に投資が可能なのかは気になりますよね。

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

2.月々の最低投資額を比較してみました

「Coincheckつみたて」と「つみたて暗号資産」の月々の最低投資額は以下のとおりです。

 

Coincheckつみたて:1通貨につき10,000円

つみたて暗号資産:1通貨につき1,000円

 

「Coincheckつみたて」の月々10,000円と比較して、「つみたて暗号資産」は月々1,000円とハードルがかなり低いので、ミニマムサイズで暗号資産の自動積立にチャレンジしたい場合は、「つみたて暗号資産」が有力な選択肢となります。

ただし、「Coincheckつみたて」には「つみたて暗号資産」にはない「毎日つみたてプラン」が用意されているので、月々10,000円以上の投資が可能な方には、ドルコスト平均法のメリットを最大限享受できる「Coincheckつみたて」を強くお薦めします。

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

3.積立可能な通貨を比較してみました

「Coincheckつみたて」と「つみたて暗号資産」の積立可能な通貨は以下のとおりです。

 

Coincheckつみたて:ビットコイン,イーサリアム,イーサリアムクラシック,リスク,リップル,ライトコイン,ビットコインキャッシュ,ステラルーメン,ネム,クアンタム,ベーシックアテンショントークン,アイオーエスティー(2021年1月現在において12種類)

つみたて暗号資産:ビットコイン,イーサリアム,ビットコインキャッシュ,ライトコイン,リップル,ネム,ステラルーメン,ベーシックアテンショントークン,オーエムジー(2021年1月現在において9種類)

 

二社とも結構な数の通貨を取り扱っているので、どの通貨に投資すべきか迷ってしまいますが、暗号資産に不慣れな方はシンプルにビットコインだけを積み立てるのが吉ですね。

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

4.まとめ

結論として、毎月1万円の積み立てが可能なユーザーがいると仮定すると、下記のニーズをお持ちの方がそれぞれのサービスにマッチするのではないでしょうか。

 

・「Coincheckつみたて」にマッチするユーザー

毎日手動で特定の暗号資産に積立投資したいけれど、忙しくてそれができない。
一つの通貨に全ツッパしてドルコスト平均法のメリットを最大限享受したいユーザー。

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

・「つみたて暗号資産」にマッチするユーザー

月1回の積み立てで構わないので、複数の通貨でポートフォリオを組みたいユーザー。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

興味のある方はこの機会にチャレンジしてください。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

コインチェック

ビットコインを無料でもらおう2 Coincheckのお得なサービスをじっくりと紹介するよ\(^o^)/

f:id:kumablogreview:20210104001849j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

今更感はありますが、2020年の12月頃から暗号資産への投資を再開しました。

ビットコインの価格が急騰している現在でも、「暗号資産は正直よく分からない」、「なんとなく怪しい」といった意見も少なからずあるはずなので、前回に引き続き今回もノーリスクでビットコインが手に入るお薦めのサービスを紹介したいと思います。

 

1.Coincheckの口座を開設してビットコインを無料で手に入れよう

既にご存知の方も多いところではありますが、暗号資産の取引所でお馴染みのCoincheckでは、Coincheckが提供する電気やガスの契約をするだけで、毎月一定のビットコインが付与されるお得なサービスが用意されています。

 

・Coincheckでんき

このサービスはお住いの地域や契約内容によっても付与率が異なりますが、月々の電気料金の1~7%分のビットコインが無料でもらえるので、ノーリスクで暗号資産の投資にチャレンジしたい方には特にお薦めです。

ちなみに「Coincheckでんき」では、各月の電気料金に比例したビットコインがもらえる「ビットコイン付与プラン」以外にも、電気料金の一部をビットコインで支払う代わりに割引が適用される「ビットコイン決済プラン」も用意されていますが、長期のガチホを予定している場合は、問答無用で「ビットコイン付与プラン」を選択することになります。

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

・Coincheckガス

このサービスは月々のガス料金の3%分のビットコインが無料でもらえるので、「Coincheckでんき」と同様に、ノーリスクで暗号資産の投資にチャレンジしたい方には特にお薦めです。

ちなみに「Coincheckガス」でも、各月のガス料金に比例したビットコインがもらえる「ビットコイン付与プラン」と、ガス料金の一部をビットコインで支払う代わりに割引が適用される「ビットコイン決済プラン」が用意されていますが、長期のガチホを予定している場合は、問答無用で「ビットコイン付与プラン」を選択することになります。

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

2.Coincheckは関連サービスが豊富

「Coincheckでんき」と「Coincheckガス」以外にも、Coincheckでは他の取引所にはない独自のサービスがいくつか用意されているので、代表的なサービスを紹介しますね。

 

・Coincheckつみたて

このサービスはビットコインをはじめとする暗号資産を、自動で積み立ててくれる便利なサービスです。

暗号資産の自動積立に関しては、2021年の1月現在においてCoincheckとGMOコインがそれぞれサービスを提供していますが、「Coincheckつみたて」の利点として、GMOコインでは対応していない「毎日つみたてプラン」が用意されているので、どちらか一つを選ぶとすれば、「Coincheckつみたて」に軍配が上がります。

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

・Coincheck Lending

「Coincheck Lending」とは、ユーザーが保有している暗号資産をレンディングすることで、最大で年率5%の暗号資産を受け取ることができるサービスです。

レンディングしている期間は保有している暗号資産を売却できないというデメリットがある反面、長期的なガチホを予定しているユーザーにとっては、利息の付与されない暗号資産を有効活用する具体的なソリューションになり得るので、頻繁にトレードしないガチホ組にはお薦めです。

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

・Coincheckアンケート

このサービスはマクロミルが実施するアンケートに回答して付与されるポイントを任意の暗号資産に交換できるサービスですが、毎日アンケートに回答する作業はそれなりに消耗するので、個人的に微妙ですね。

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

3.資金がない方には「Coincheckでんき」と「Coincheckガス」がお薦め

結論として、毎月1万円以上の投資が可能な方には「Coincheckつみたて」をお薦めしますが、そもそも暗号資産に投資する資金がない方には、ノーリスクでビットコインが手に入る「Coincheckでんき」と「Coincheckガス」をお薦めします。

前提として、電気やガスって大体どこの会社も料金は変わらないですよね。

毎月付与されるビットコインは微々たる数量ですが、契約してしまえばほったらかしで資産運用が可能になることと、発行枚数に上限が設けられているビットコインは今後も価格の上昇が期待できるので、暗号資産に興味はあるけれど大金を投じるのは怖い、どこの取引所に口座を開設すればいいのか分からない方は、ノーリスクでビットコインが手に入るCoincheckの口座を開設してはいかがでしょうか。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

コインチェック

ビットコインを無料でもらおう1 bitFlyerのお得なサービスをじっくりと紹介するよ\(^o^)/

f:id:kumablogreview:20210111030728j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

今更感はありますが、2020年の12月頃から暗号資産への投資を再開しました。

ビットコインの価格が急騰している現在でも、「暗号資産は正直よく分からない」、「なんとなく怪しい」といった意見も少なからずあるはずなので、今回はノーリスクでビットコインが手に入るお薦めのサービスを紹介したいと思います。

 

1.bitFlyerの口座を開設してビットコインを無料で手に入れよう

既にご存知の方も多いところではありますが、暗号資産の取引所でお馴染みのbitFlyerでは、bitFlyerのサイトを経由して楽天市場などで買い物をすれば、入金しなくても無料でビットコインを手に入れることができます。

特に楽天24とか、楽天デリバリーとか、楽天ブックスとか、楽天ふるさと納税なんかは繰り返し利用することが可能で、楽天ポイントとビットコインがダブルで手に入るので、楽天グループが展開するサービスのヘビーユーザーにとっては、お得感満載です。

 

2.bitFlyerでTポイントをビットコインに交換しよう

楽天カードとか楽天市場をほとんど使わない代わりに、ヤフーカードやヤフーショッピングのヘビーユーザーで、楽天ポイントよりもTポイントの方がよく貯まる方も中にはいらっしゃるかと思います。

bitFlyerでは楽天市場と同様に、bitFlyerのサイトを経由してヤフーショッピングで買い物をすれば、ビットコインが無料で手に入るのは勿論ですが、貯まったTポイントをビットコインに交換することもできるので、ソフトバンクグループが展開するサービスのヘビーユーザーにとっても、お得感満載です。

 

3.現在までの取引レポート

f:id:kumablogreview:20210103005856j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

bitFlyerの口座を開設してまだ1ヶ月程度ですが、着々とビットコインは貯まる予定です。(基本的に楽天市場と楽天デリバリーしか利用しない)

「貯まったビットコインはどうするの?」という疑問に関しては、ビットコインの価格は今後も上昇が見込めるので、個人的には長期間のガチホをお薦めします。

暗号資産に興味はあるけれど大金を投じるのは怖い、どこの取引所に口座を開設すればいいのか分からない方は、ノーリスクでビットコインが手に入るbitFlyerの口座を開設してはいかがでしょうか。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

コインチェック