くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

通信費を徹底的に安くする方法についてまとめてみました

f:id:kumablogreview:20180624125827j:plain

皆さん通信費節約してますか?

参考になるかどうか分かりませんが、今回は我が家の通信費の内訳を公開して、通信費を節約する具体的な方法について解説したいと思います。

 

1.スマホの通信費について

私は3年以上前から格安SIMを使っています。

mineoのデュアルタイプ(データ通信+音声通話)、3GBのプランを契約していて、1ヶ月の利用料金は1,632円です。(安い!!(゜ロ゜ノ)ノ)

端末は未だにXperia Z3(SOL26)を使っています。

最新モデルと比較すれば機能面で見劣りすることは確かですが、普段使用しているかぎり全然不便は感じないですね。

3年前にau SHINJUKUで契約した当時、MNPのキャンペーンを利用して数千円で購入したことを考えれば、コスパは100点満点だと思います。

3年前を振り返るとauの回線に対応した格安SIMはmineoとUQ mobileしかありませんでしたが、取扱事業者は徐々に増えているみたいです。(BIGLOBEモバイルとか)

しかしながらmineoを除く取扱事業者のHPを見るかぎり、各社ともSOL26は動作確認端末に含まれていないので、スマホの通信費を今以上に節約することは無理ゲーですね。

【BIGLOBEモバイル】音声通話3ギガで月額プラン料金が6カ月間0円

 

2.音声通話の料金について

固定電話や携帯電話への通話は、Google PlayからインストールしたG-Callのアプリを使ってます。

ご存知の方も多いとは思いますが、このアプリを使えば通常の電話とほぼ同等の通話品質で料金を1/2にカットできるので、まじでお薦めですよ。(通常の電話は20円/30秒。G-Callを利用して通話した場合は10円/30秒)

まれに利用料金が1,000円を超える月もありますが、通話自体あまり使わないので利用料金が500円以下の月とか普通にありますね。(安い!!(゜ロ゜ノ)ノ)

NTTドコモやauが設定している月額2,700円のカケホーダイプランはどう考えても高すぎるので、なるべく契約したくないのが本音です。

それ以外に音声通話の料金を節約する方法として侮れないのがナビダイヤルですね。

電話番号が0570から始まるナビダイヤルについてはG-Callを利用できないので、対策として企業のHPに市外局番から始まる電話番号が掲載されていたら、G-Callなどのアプリを利用して通話料金を節約することができます。(参考までにナビダイヤルへの通話はカケホーダイプランの対象外です)

G-Callを利用する以前は050 plusを使ったこともありましたが、通話品質が悪すぎてストレスを感じることが多かったため、短期間で解約しました。

コストと品質のバランスを考えた場合、IP電話よりもG-Callとか楽天でんわの方が総合的な満足度は高いんじゃないでしょうか。

楽天でんわ:ドコモ・au・ソフトバンクでも使える格安電話アプリ

 

3.自宅の通信費について

自宅ではJ:COM NETの120Mコースを契約しています。

J:COM NETについてはアパートの大家さんが部分的に料金を負担してくれているので、Wi-Fiルーターが無料でレンタルできて、1ヶ月の利用料金は3,132円です。(通信速度を考えれば安い!!(゜ロ゜ノ)ノ)

実の所J:COM NETの12Mコースであれば無料で利用できるのですが、自宅ではストレスフリーにインターネットを使いたいので、あえて120Mコースで契約しています。(ちょっとした贅沢ですね)

参考までに私のアパートの家賃は共益費込みの4万円なので、節約の観点からはまじで助かってます。(専用で使えるトイレと風呂もありますし、普通にきれいなアパートですよ)

 

4.契約していないサービス

上記で解説した以外の節約方法として、我が家では固定電話の回線契約を結んでいません。(単身世帯だったら鉄板でしょ)

パソコンについてはモバイルすることがないので、WiMAXとかの契約は不要ですね。(スマホのテザリングも使わない)

 

5.全ての通信費を集計した結果

スマホの通信費:月額1,632円+J:COM NETの通信費:月額3,132円=4,764円(月々の固定費)

さらに従量制の音声通話の料金を加算すると、1ヶ月大体5,000円くらいでしょうか。

今以上に節約しようと思えば、J:COM NETのコースを変更して節約することも可能ですが、個人的には今の状態がベストです。

格安SIMの利用についても私個人のニーズを満たすサービスではありますが、翻ってそれが全てのユーザーのニーズを満たすサービスであるとはかぎりません。

自宅は勿論、屋外でも爆速でスマホを使いたい人は迷わず三大キャリアと契約してください。

自分自身の生活をデザインすると節約も楽しくなるので、皆さんも積極的に取り組んでくださいね\(^o^)/