くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

会社を退職した後の転職活動についてまとめてみました

f:id:kumablogreview:20180624124552j:plain

2017年11月に約二年間勤めていた会社を辞めて、先月まで無職でした。

前回は失業期間中のお金のことについて色々と書きましたが、今回は気になる再就職のことについてまとめてみたいと思います。

再就職・転職については、旧態依然としたものから新興のものまで、それを実現するための様々なサービスが存在しますが、私自身利用したサービスもあれば利用しなかったサービスもあるので、利用したサービスについては感想を、利用しなかったサービスについてはその理由を、それぞれ詳しく述べてみたいと思います。

 

1.ハローワークの求人には応募しませんでした

生活のために基本手当が必要だったので、認定日には必ずハローワークに足を運びましたが、ハローワークの求人には1社も応募しませんでした。

理由としては、総じて魅力的な求人が少ないことと、応募に際してハローワークが発行する紹介状が必要な場合が多いこと。

それ以外にも、選考におけるファーストステップとして、面接に辿り着けるのかどうか不確実な企業へ、印刷した履歴書や職務経歴書を発送しなければならないので、コストと労力の消耗を避けるため、ハローワークの求人については当初から完全にスルーしました。

 

2.転職エージェントは利用しませんでした

転職エージェントについては賛否両論分かれると思いますが、結果的に私は1社も登録しませんでした。

転職エージェントを利用しなかった主な理由は、基本手当の所定給付日数が150日もあったので、転職サイトを経由してマイペースに転職活動したかったことと、自力での転職活動が迷宮入りした場合の奥の手として転職エージェントを考えていたので、転職サイトから約15社応募して転職先が決まった今回は、エージェントの手を借りずに転職活動を終えることができました。

 

3.マイナビ転職よりもリクナビNEXTをお薦めする理由

転職サイトについては、主にリクナビNEXTとマイナビ転職を利用しました。

リクナビNEXTとマイナビ転職については、求人の質・量ともにほとんど互角ですが、転職活動で極力消耗したくない場合は、リクナビNEXTを経由して応募した方が個人的に楽だと感じました。

理由として、マイナビ転職が応募の段階で志望動機の入力を必須とする(全ての求人が該当するわけではありません)一方、リクナビNEXTについては応募の段階で志望動機の入力を必要としないので、一次選考の案内が届いた脈ありの企業だけ個別の志望動機を考えて、効率よく転職活動したい方には、圧倒的にリクナビNEXTがお薦めです。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

 

4.応募する企業の実態が知りたい場合

応募する企業がブラックかどうかって、やっぱり気になりますよね。

後悔のない転職を実現するためにも、ネガティブな情報も含めて応募する企業の実態を知りたい方には、Vorkersとか転職会議に登録することをお薦めします。

Vorkersと転職会議については私も実際に利用しましたが、有名な企業であればほとんど網羅されていて、過去に働いたことがある企業の実態についてかなり正確な情報が掲載されているので、信憑性は高いと感じました。

 

5.それ以外の役立つツール

転職エージェントを利用しない場合、基本的に自力で転職活動を行うことになるので、私は以下のツールを活用しました。

 

・マイナビ転職の履歴書コーチ

マイナビ転職に登録した職務経歴書や自己PRを、プロのアドバイザーが添削してくれるサービスです。

無料で利用できるのでお薦めですよ。

 

・DODA面接対策アプリ-転職のプロが勧める面接対策

名前のとおり面接対策のポイントが具体的に解説されているので、かなり役立ちました。

 

6.転職活動の結果

以下、箇条書きでまとめてみました。

 

・転職活動に要した期間 約4ヶ月

・応募した企業 約15社

・面接まで辿り着いた企業 2社

・内定をいただいた企業 1社

・業種・職種・雇用形態の変遷 人材派遣会社のSV(非正社員)⇒法律事務所のパラリーガル(正社員)

・年収の変遷 ほぼ横這い

 

転職活動に際して留意したポイントとしては、転職サイトに登録するレジュメを極力丁寧に作成した(最初の1ヶ月はそれしかやりませんでした)ことと、応募する企業の情報を可能なかぎり収集して求人を吟味したことですね。

しかしながら、前回の記事でまとめた失業中の生活コストを安く抑える方法と異なり、転職活動の進め方に絶対的な正解は存在しません。

また、多くの人にとって転職は一生を左右するほどの一大イベントです。

省エネを意識して実践した私の転職活動から何か参考にすべき点があれば、是非ご活用いただいて、後悔のない転職を実現してくださいね\(^o^)/