くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

実用的すぎる腕時計 カシオのMT-Gを徹底レビュー

カシオの腕時計、MT-Gを購入してから2年が経過しました。

現在私が所有している腕時計はMT-Gのみで、オンもオフもこの腕時計を着用しています。

 

f:id:kumablogreview:20180519193242j:plain

[カシオ] 腕時計 ジーショック MT-G 電波ソーラー MTG-S1000D-1AJF シルバー

 

この腕時計、平たく言えばメタルと樹脂を材質とするG-SHOCKなのですが、腕時計市場全体を見渡しても特筆すべき点が多々あるため、順番に解説したいと思います。

 

1.駆動方式に着目しよう

長く使える飽きの来ない腕時計って何を基準に選べばいいのか、最初は迷いますよね。

そんな時は、まず腕時計の駆動方式に着目しましょう。

腕時計の一般的な駆動方式は、言うまでもなくメカニカルとクオーツの二種類ですが、それ以外にも何種類かの駆動方式があるので、合わせて解説します。

[カシオ] 腕時計 ジーショック MT-G 電波ソーラー MTG-S1000D-1AJF シルバー

 

・メカニカル

高級腕時計の代名詞であるロレックスとかオメガのほとんどのモデルがメカニカルです。

メカニカルの場合、どんなに高価な腕時計であっても一日につき数秒の誤差が発生します。

また、メカニカルの特徴として、長時間腕から外していると針の動きが止まります。(電池は不要)

インポートブランドを筆頭にデザインが秀逸なモデルが多い反面、実用性に乏しいので、私は検討対象から真っ先に外しました。

 

・クオーツ

1本あたり数千円から数十万円のモデルまで、国内・国外の各メーカーから様々な価格帯の商品が販売されています。

数千円から数万円程度のモデルについては、1ヶ月に数十秒の誤差が発生しますが、1本あたり10万円以上のグランドセイコーやザ・シチズンについては、1年間に5秒から10秒程度の誤差しか発生しないことを売りにしています。

また、電池が不要なメカニカルの場合と異なり、クオーツについては定期的に内蔵している電池の交換が必要になります。

 

・ソーラー電波

太陽光をはじめとする光を動力とするので、電池の交換は不要。

モデルによって機能に差はありますが、電波を受信して誤差を自動修正する機能が内蔵されているので、国内であれば常に正確な時間を確認することができます。

さらに1本あたり10万円以上の高価格なモデルについては、腕時計本体にGPS機能が内蔵されているので、世界中どこでも正確な時間を確認することができます。

私自身は腕時計に精密機器としての実用性を求めていたので、一旦ソーラー電波に絞って商品を探すことにしました。

 

2.風防に着目しよう

購入する腕時計を絞り込む上で、次に着目したいポイントが風防です。

風防とは腕時計の文字盤を覆っているガラスのことですが、腕時計を長く愛用する前提でガラスの強度にこだわるのであれば、アクリルガラスやミネラルガラスの製品は避けて、風防にサファイアガラスを採用した製品を購入することをお薦めします。

実際に高級腕時計のほとんどが風防にサファイアガラスを採用しているので、私自身もサファイアガラスの製品群から購入する商品を探すことにしました。

[カシオ] 腕時計 ジーショック MT-G 電波ソーラー MTG-S1000D-1AJF シルバー

 

3.私がMT-Gを購入した理由

MT-Gを購入する以前は、なんとなくデザインに惹かれて購入した複数の腕時計をシーンに応じて使い分けていました。

当時所有していた腕時計はいずれも1本数万円程度の代物だったので、思い切って一生使えるような高級腕時計を購入しようかなと思い立ったのが、そもそものはじまりでした。

結果的に高級腕時計よりもはるかに安い価格のMT-G(Amazonの価格で81,080円でした)を購入しましたが、探しはじめた初期の頃はオメガとかグランドセイコーも普通に検討しましたね。

MT-Gについては駆動方式がソーラー電波で風防がサファイアガラスという点以外にも様々な特徴があるので、私がMT-Gを購入するにいたった理由を箇条書きでまとめてみました。

[カシオ] 腕時計 ジーショック MT-G 電波ソーラー MTG-S1000D-1AJF シルバー

 

・魅力的なデザイン

G-SHOCKは好きだけど、樹脂のバンドはスーツに合わせづらいというのは誰もが思うところで、バンドがメタルのこのモデルは、デザイン的にもかなり刺さるものがありました。

 

・圧倒的なスペック

精密機器として考えた場合、MT-Gのスペックは高いですよ。

G-SHOCKの売りである耐久性は勿論、腕時計の気圧防水としては最も高い20気圧防水なので、常に安心して使うことができますね。

 

・GPSの機能について

GPSの機能については、海外に出掛ける機会の多い方は必要かもしれませんが、仕事でもプライベートでも海外へ行く機会のない方であれば、コストを重視してあえて外すという選択肢も十分にありだと思います。

実際、私の選んだモデルにはGPSの機能が搭載されていません。

 

結論として、MT-Gはロレックスやオメガのような高価な貴金属ではなく、腕時計としての実用性に優れた精密機器という位置づけなので、腕時計に何を求めるかで時計選びの軸は変わってくるのではないでしょうか。

折角買った腕時計は、できれば長く愛用したいですよね。

デザインに惹かれて衝動買いする方も多いとは思いますが、私の場合は10万円以下の腕時計を購入するのに数ヶ月を要して、自分に最も合った腕時計を手に入れることができました。

腕時計を購入するのに数ヶ月を要する人間もまれだとは思いますが、今回の記事がこれから腕時計を探す誰かの参考になれば幸いです。

以上、くまちゃんの腕時計購入レポートでした\(^o^)/