くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

高級すぎる扇風機 ダイソンのAM01を徹底レビュー

6年前からダイソンのエアマルチプライアーを自宅で使っています。

 

f:id:kumablogreview:20190102225618j:plain

ダイソンのAM01

 

「羽根のない扇風機」と言えばダイソン、ダイソンと言えば「羽根のない扇風機」と言っても過言ではないほど有名な製品ですが、エアマルチプライアーにかぎらず世間一般の方がダイソンの製品に抱くであろうイメージは、概ね以下の三つに集約されるのではないでしょうか。

 

・洗練されたデザイン

・他社には真似できない画期的な機能

・他社の製品よりも明らかに高い価格

 

製品としては確かに魅力的だけど、とにかく価格が高い。

だから、購入するのに勇気がいる。

ダイソンユーザーの方は別としても、ダイソンの製品に興味はあるけれど、不安を払拭できずに購入を躊躇している、非ユーザーの方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、6年前からダイソンのエアマルチプライアーを使用している私が、実際に製品を使用して分かった、メリットとデメリットについてそれぞれ感想を述べてみたいと思います。

 

1.エアマルチプライアーを使用するシチュエーションをイメージしよう

当たり前の話ではありますが、どんなにスペックが高くて多くの人を魅了するような製品でも、その製品を使用する機会が明確に存在しなければ、エアマルチプライアーは宝の持ち腐れになってしまいます。

一例として、自動車を運転する機会もニーズも全くない人がメルセデスベンツを購入しても、毎月維持費だけが発生して全くうれしくないですよね。

特にAM01のような高さのない製品を購入する場合は、自宅のどこでエアマルチプライアーを使用すれば圧倒的な効果が得られるのか、イメージするようにしましょう。

私の自宅を例に挙げると、もっぱらロフトでAM01を使用しています。

ロフトでAM01を使用している理由として、自宅の間取りがロフトつきの1Kで、ロフトを寝室の代わりに利用しているのですが、夏場のロフトは超絶暑いので、とても扇風機なしでは過ごせません。

AM01の高さを考えると、人が寝ている状態で使用するのにぴったりなので、ロフトでの使用は見事にはまりましたね。

 

2.AM01のメリット

まず、文句なしにデザインが洗練されています。

羽根のない円形パーツが特徴的ですが、一般的な扇風機と比べて足元がすっきりしているので、狭い空間でも無理なく配置することができます。

一般的な扇風機は大きさに比例して風力も弱まる傾向が強いので、コンパクトでも十分な風力を供給することが可能なAM01は、自宅のロフトにうってつけの製品でした。

 

3.AM01のデメリット

既に生産を終了しているAM01は勿論、ダイソンのエアマルチプライアーはどれも価格が高いですね。(最新モデルにあたるAM07のメーカー希望小売価格は44,294円です)

ただし、型落ちしている製品はAmazonなどで最新モデルよりも数万円安く販売しているので、長期的にエアマルチプライアーを使用する前提で購入を検討してみるのもありだと思いますよ。

 

4.まとめ

結論として、ダイソンのエアマルチプライアーはニーズさえ満たせば買いですね。

ただし、ダイソンのエアマルチプライアーは室内全体を涼しくする製品ではなく、室内の一部を涼しくする製品なので、エアコンの代わりにはなりませんよ。(念のため)

興味のある方は是非ダイソンのオンラインストアかAmazonで買ってください\(^o^)/