くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

資産運用をはじめよう2 ポートフォリオを変更しました

f:id:kumablogreview:20180804114438j:plain

法律事務所に転職したタイミングで、月並みに資産運用をはじめました。

現在投資しているサービスは、ウェルスナビとZaifコイン積立とトライオートFXの三つですが、最近投資をはじめたトライオートFXも含めて、少なからずポートフォリオを変更したので、現在の成績も含めてさくっとレポートしますね。

 

1.ウェルスナビ

ロボアドバイザーの分野では利用者数ナンバーワンの金融サービス。

 

初期投資:10万円
毎月の積立:1万円から3万円に変更しました
リスク許容度:3/5から5/5に変更しました
運用期間:2018/4/13~現在(6~7ヶ月)
2018年10月20日時点での元本:180,000円
2018年10月20日時点での評価額:177,786円(2,214円のマイナス)

 

ウェルスナビについては完全放置で運用可能なので、投資初心者はまずこれからはじめるのがいいんじゃないでしょうか。

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

 

2.Zaifコイン積立

積立で購入できる仮想通貨は現在4種類ありますが、私はビットコインとイーサリアムを毎月1万円ずつ買い付けています。

 

・ビットコイン

毎月の積立:1万円
積立期間:2018/6/10~現在(4~5ヶ月)
2018年10月20日時点での元本:43,225円
2018年10月20時点での評価額:41,033円(2,192円のマイナス)

 

・イーサリアム

毎月の積立:1万円
積立期間:2018/6/10~現在(4~5ヶ月)
2018年10月20日時点での元本:43,225円
2018年10月20時点での評価額:28,481円(14,744円のマイナス)

 

ビットコインはともかくイーサリアムの値下がりが顕著ですが、利益確定しなければ損益は発生しないので、今は耐え時ですね。

2017年はマイナーなコインも含めて仮想通貨がバブルだったらしいのですが、私が投資をはじめた2018年は、前年と比較してほとんどのコインが低迷しています。

昨年保有しているコインの評価額が急上昇しても利益確定しなかった人たちは、完全に売り時を逃したことになるので、私は元本にたいしてプラス10万円以上の評価額に達した時点で、ビットコインもイーサリアムも一旦利益確定する予定です。

仮想通貨が爆上がりする時期は数年後かもしれないし、数年後も評価額は低いままかもしれないので、評価額が上昇するまで気長に待てない金額を積み立てるのは絶対に止めましょう。(ギャンブルとしてではなく、あくまで資産運用としてZaifコイン積立を利用しましょう)

 

3.トライオートFXの自動売買セレクト

トライオートFXの自動売買セレクトは、数週間前から投資をはじめました。

手始めに25万円を入金して、シュミレーション上は最もハイパフォーマンスが期待できる「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」を最小単位の数量1,000で買い付けて、現在運用中です。

 

運用しているプログラム:コアレンジャー_豪ドル/NZドル
数量:1,000通貨
元本:25万円
運用期間:2018/9/29~現在(約3週間)
取引損益:+1,974円
評価損益:-3,608円
スワップ損益:-15円
元本+取引損益ー評価損益ースワップ損益:248,351円(1,649円のマイナス)

 

トライオートFXの自動売買セレクトについては、ごちゃごちゃした説明の代わりに、YouTubeにアップロードされている動画を張り付けとくので、興味のある方は以下の動画を視聴してください。

 

www.youtube.com

 

トライオートFXの自動売買セレクトの魅力は、完全放置で運用できることと、購入する通貨ペアによっては高い利回りが期待できることですね。

「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」については、仮に2014年1月から2018年10月の現在までプログラムを運用した場合、元本にたいして3倍以上の利益が得られるハイパフォーマンスと、必要とされる証拠金が他の通貨ペアよりも安いことが魅力ですね。(最小単位であれば13万円程度)

トライオートFXの自動売買セレクトについてはしばらく様子を見て、期待通りのリターンが得られるのであれば、もう少し攻めてみようかなと考えています。

 

トライオートFXの自動売買セレクトは、結論としてコストとリターンのバランスが非常に悪いので撤退しました。

「豪ドル/NZドル」の自動売買にチャレンジするのであれば、私が調べたかぎり手数料無料のループイフダンが最もお薦めなので、興味のある方は以下の記事を参考にしてください。(後日追記)

 

関連記事

www.kumablogreview.com

 

4.私がiDeCoとつみたてNISAを敬遠する理由

巷で話題になっているiDeCoとつみたてNISAについては投資していませんし、今後も投資する予定はありません。

iDeCoについては60歳まで積み立てた資産を引き出せないことと、一旦申し込むと容易に脱退できないことが最大のデメリットなので、住宅の購入を控えている方や年収の低い方には、あまりお薦めできないですね。

また、つみたてNISAについては投資信託の種類が多すぎてどれを選べばよいのか分からないことと、投資信託と性質が似通った金融商品として、毎月ウェルスナビに一定額を積み立てているため、今後もつみたてNISAに投資する予定はないですね。

 

この記事を書いてから数ヶ月後、楽天証券のつみたてNISAがあまりにもお得すぎることが分かったので、やっぱりつみたてNISAに投資することにしました。(後日追記)

 

関連記事

www.kumablogreview.com

 

よく言われることですが、資産運用の王道はやはり「長期・積立・分散」なので、今後も愚直に実践あるのみですね。

投資の目的はあくまで資産を増やすことですが、様々な金融サービスの情報を集めて、手持ちの資金をどの金融サービスに振り分けるか、考える作業は意外と楽しいですよ。

成績の推移は今後もこのブログで公開していく予定なので、資産運用に興味がある方は参考にしてくださいね。

以上、くまちゃんの資産運用公開レポートでした\(^o^)/