くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

迷惑すぎる派遣社員のあるある5選(|| ゜Д゜)

f:id:kumablogreview:20200113004417j:plain

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

 

前職が人材派遣会社の中の人だったこともあり、今回は表題のとおり迷惑すぎる派遣社員のあるあるをまとめてみました。

 

1.突然会社に来なくなる派遣社員

派遣社員の中には責任感が希薄で低スペックな人材も多いため、前触れもなく派遣社員が突然会社に来なくなることも珍しくありません。

使い捨ての派遣社員が仕事を辞めるのは結構なんですが、派遣会社からの電話をガン無視して、貸与している派遣先のセキュリティーカードを一向に返却しない、迷惑すぎる派遣社員は結構いましたよ。

これをやらかすと派遣会社のブラックリストに名前が載って、今後仕事は紹介されなくなるので、派遣で長く働きたい人は注意しましょう。(特に大手の派遣会社を敵に回すと、選択肢が一気に狭まりますよ)

 

2.週四労働もまともに勤まらない派遣社員

少し特殊なケースかもしれませんが、毎週のように自己都合の欠勤を繰り返しているにもかかわらず、一向に仕事を辞めたがらない迷惑すぎる派遣社員も一定数いました。

前提として人材派遣というビジネスは、派遣社員が働いた時間に自社の報酬を上乗せしてクライアントに料金を請求するので、派遣社員のパフォーマンスがよかろうが悪かろうが、派遣社員が働かないと儲からないんです。

派遣会社にとって派遣社員は顧客でもあるので、殴る蹴るの指導を行うことはできませんが、指導しても派遣社員の勤怠が改善しない場合は、基本的に退職してもらうことになります。

この手の人材の特徴として、自分の責任で仕事をクビになっても、白々しく「次の仕事を紹介して」と泣きついてくることが多かったですね。

彼らの考えるところとしては、週四労働も勤まらないから正社員は当然無理、働きたくない日は仕事を休んで、アルバイトよりも賃金が高い派遣社員でずっと働きたいという考えなんでしょうが、場合によっては派遣会社から一発アウト、よくても不人気で人集めが難航している仕事しか紹介されなくなるので、派遣で長く働きたい人は注意しましょう。

 

3.閑散期でも残業して金を稼ぎたいと喚き散らす派遣社員

派遣元と派遣社員が取り交わした契約書に「一日の実働時間8時間」と明示されていて、仮にそれが遵守されていないとすれば由々しき問題ですが、契約自体はきちんと履行されているにもかかわらず、残業が少ないから金を稼げない、残業して金を稼ぎたいと喚き散らす派遣社員は、クライアントにとっても迷惑なので絶対に止めましょう。

年収300万円を稼ぐことすら無理ゲーな派遣の生き方を選択して、時間の切り売りで金を稼ごうと考えているかぎり、この手の人材は一生金持ちになれないので、まともな人間は正社員の仕事を探しましょう。

 

4.無駄に意識の高い派遣社員

派遣社員の中には、何を勘違いしたのか派遣先の社員が指示していないにもかかわらず、勝手に現場を仕切りだしたり、頼まれてもいないのにやたらと人を教えたがる、無駄に意識の高い派遣社員もいましたね。

この手の人材の特徴として、50歳前後の年齢で派遣社員に転落する以前はある程度の収入があったので、社会のど底辺に転落した自身の境遇を肯定することができない、プライドだけが不必要に高く承認欲求が異常なまでに強いので、こういうタイプと下手に関わると非常に厄介ですよ。

人材派遣業界で働いていた当時の私の職務は、クライアント企業で派遣社員と同じ仕事をしながら、派遣社員の管理と売上の維持・向上に努めるのがミッションだったため、同業他社の派遣スタッフにこの手の人材がいても立場上揉め事を起こすことができず、非常にストレスフルな毎日でした。

 

5.PCスキルがゼロなのに事務職を希望するアラフィフの派遣社員

人材派遣会社に在籍していた当時、最後に携わっていたプロジェクトが典型的な不人気業務(ガテン系の物流倉庫)で、50歳未満であればスキルを問わず誰でも採用という案件だったので、人生終わってる感の強い中高年が多かったのですが、女性の場合事務の仕事を希望する方が非常に多く、PCスキルがゼロなのに事務職を希望するアラフィフの派遣社員さんもいらっしゃったんですが、はっきり言って好条件な事務職の紹介は無理ゲーですね。(低賃金かつ大規模な増員を予定している案件であればワンチャンあるかも)

 

www.kumablogreview.com

 

以上、迷惑すぎる派遣社員のあるある5選でした\(^o^)/