くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

仮想通貨の売買にGMOコインがお薦めな理由を熱く語るよ\(^o^)/

f:id:kumablogreview:20190321150438p:plain

Zaifコイン積立のサービスが停止して4ヶ月以上が経過し、高値で買い付けてしまったビットコインとイーサリアムを半ば持て余す(評価額が元金の6~7割程度なので売るに売れない)一方で、これまで保有していなかったリップルへの興味は依然として強く、どこの取引所でいくら投資するか散々迷った挙句、先月GMOコインで口座を開設して、1リップル35円の指値で1,420リップルを注文しました。(5万円の資金で発注可能)

先週はビットコインの価格が上昇し、再び注目を集めはじめた仮想通貨ですが、色々と調べた結果、GMOコインの提供するサービスはこれから仮想通貨の取引がしたいと考えるユーザーのニーズを十分に満たしてくれることが分かったので、今回は仮想通貨そのものではなく、GMOコインという取引所の魅力を熱く語ってみたいと思います。

 

1.仮想通貨は販売所ではなく取引所で買おう

ビットコインをはじめとする仮想通貨は取引所のみならず販売所でも買えますが、例えば口座に5万円を入金して、1リップルを35円の指値で1,420リップル注文したいといったように、価格を指定して仮想通貨を買い付けたいのであれば、販売所ではなく取引所を利用しないと指値注文が行えません。

GMOコインでは、仮想通貨の売買(指値注文不可)が可能な販売所と、仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引(いずれも指値注文可)が可能な取引所、そして上級者向けのサービスとして仮想通貨FXが用意されているので、とりあえずGMOコインの口座を開設すれば、あらゆる種類の仮想通貨の取引が可能になりますよ。

 

2.GMOコインではアルトコインが円で買える

仮想通貨の取引に詳しい方はご存知かと思いますが、取引所によっては一部のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)が円で買えない、一度ビットコインを購入してから、アルトコインの価格に相当するビットコインと交換しなければ取引できないシステムの取引所も存在するため、全てのアルトコインを円で取引できるGMOコインはお薦めですよ。

 

3.手堅く投資したいなら取引所の現物取引がお薦め

GMOコインでは仮想通貨の現物取引のみならず、仮想通貨のレバレッジ取引や仮想通貨FXも可能ではありますが、安全性を重視して長期的な視点で資産を形成したいのであれば、仮想通貨の現物取引が断然お薦めです。

理由として、仮想通貨のレバレッジ取引と仮想通貨FXについてはロスカットが存在しますが、仮想通貨の現物取引についてはロスカットが存在しません。

皆様もご存知のように仮想通貨のボラティリティ(価格の変動)は非常に激しいので、安い価格で仮想通貨を買い付けて価格が高騰するまで気長に待てるのであれば、迷わず仮想通貨の現物取引を選択しましょう。

 

4.GMOコインでは入出金の手数料がかからない

数ある仮想通貨の取引所の中でも、GMOコインを激推しする理由としては、実はこれが一番重要だったりします。

と申しますのは、リップルの取引量が多いことで知られる某取引所を例に挙げると、まず住信SBIネット銀行の振込先への入金だけで324円の手数料が発生(住信SBIネット銀行以外の銀行から振り込む場合)し、口座から円を出金する時はなんと756円もの手数料が発生するんです。

!!(゜ロ゜ノ)ノ

上記の某取引所については、口座を開設して5万円を入金してからこの事実に気付き、あまりにもお得感がないので取引をはじめる前に出金した結果、手数料だけで1,000円近く損してしまいました。

気になるGMOコインについては、主要なインターネットバンキングから即時入金が可能で、入金時のみならず出金時の手数料も無料なので断然お得ですよね。

 

5.気になるセキュリティについて

大前提として100%安全なセキュリティというものは存在しませんが、GMOコインではインターネットから隔離されたコールドウォレットで仮想通貨を保管していることと、ログイン実績のない端末からログインする場合は2段階認証が必須であること、東証一部に上場しているGMOインターネットグループ傘下の企業であることから、ある程度は安心できるんじゃないでしょうか。(コインチェックやZaifの仮想通貨流出事件が物語るように、絶対的に安全な販売所や取引所は多分存在しません。100%の安全を求めるのであれば、そもそも投資なんかしない方がいいでしょうね)

 

6.注文画面の解説

f:id:kumablogreview:20190407004123j:plain

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

指値注文の操作方法としては、まずプルダウンメニューから購入したいコインを選択します。

次に売買区分のメニューから買いを選択して、取引数量と注文レートを指定します。

一例として、口座に5万円が入金されている状態で、1リップルの注文レートを35円に指定した場合、注文できる数量は「35円×1,420リップル=49,700円」が上限となります。

 

f:id:kumablogreview:20190407004215j:plain

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

先週はリップルの価格が上昇しましたが、私は投資したタイミングがよかったのか、1リップル35円の指値で1,420リップルを買い付けることができました。

1リップル34円の指値で注文した30リップルについてはいまだ約定していないので、リップルの価格が下落するまで気長に待つしかないですね。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの、GMOコインに関する紹介記事でした\(^o^)/