くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

格安すぎるタブレット AmazonのFire HD 10を徹底レビュー

今更感はありますが、GW期間中にAmazonのFire HD 10を購入しました。

f:id:kumablogreview:20190824143652j:plain

【Newモデル】Fire HD 10 タブレット ホワイト (10インチHDディスプレイ) 32GB

 

税込2万円以下で購入できる格安なタブレットとして、以前から話題になっているAmazonのFire HD 10ですが、「価格が安いのは分かったけど、使い勝手はどうなの?」と気になっている方も多いはずなので、今回はFire HD 10を実際に使ってみた感想、主に良かった点についてまとめてみました。

 

1.驚きの価格

Fire HD 10(64GB)の通常の価格は19,980円です。

ただし、Amazonで不定期に開催されるタイムセールを利用すれば、Fire HD 10をお得な価格で購入することができるので、Amazon謹製のデバイスがほしい方は極力タイムセールを利用してFire HD 10を購入しましょう。

参考までに、私がタイムセールを利用してFire HD 10(64GB)を購入した時の価格は14,980円で、この記事を書いている2019/6/16もタイムセールが絶賛開催中なので、前々からFire HD 10をほしいと思っていた方は今がチャンスですよ。

 

2.うれしい大画面

Fire HD 10のディスプレイはフルHD(1,920×1,200)の10.1インチです。

近年スマホのディスプレイが大型化して、6インチ以上のサイズのスマホを見かけることも珍しくなくなったため、どうせ買うならディスプレイサイズの大きいタブレットを買った方がいいんじゃないでしょうか。

私が以前に保有していたGalaxy Viewなんかは、あまりにも画面が大きすぎて横向きでの使用が前提でしたが、Fire HD 10であれば縦向きでも横向きでも問題なく使用できるので、写真の閲覧も動画の視聴も読書もブラウジングも、これ1台で片付いちゃいます。(神機か・・・)

 

3.純正のカバーはシャレオツ度高し

iPadのような中価格帯以上のタブレットを除く、2万円以下の格安タブレットの問題点として、そもそも純正のカバーが発売されていない、サードパーティーを見渡してもシャレオツなカバーが見つからない場合が多いのですが、Amazon謹製のデバイスに限っては、純正のシャレオツなカバーが割と豊富に用意されています。

Fire HD 10専用のカバー(税込4,780円)を例に挙げると、コバルトパープル,チャコールブラック,パンチレッド,マリンブルーの四色から選べるので、タブレットを購入する上でファッション性重視のユーザーにとっては非常に嬉しいですね。

【Fire HD 10 2019年発売 第9世代用】 Amazon純正 カバー (サンドストーン)

 

4.Google Playはわりと簡単にインストールできました

Fire HD 10の価格に魅力を感じる一方で、Fire HD 10の購入を躊躇しているユーザーにとっての最大の不安は、おそらくiOSでもAndroidでもない「Fire OS」という耳慣れないプラットフォームに起因している(実際私がそうでした)のではないかと考えますが、Fire HD 10を購入してから色々と調べたところ、割と簡単にGoogle Playをインストールすることができたので、iPadのユーザーはともかくAndroidのユーザーであればほとんど問題なくFire HD 10を使い倒せるのではないかと実感しました。

ちなみにこの記事では、Fire HD 10にGoogle Playをインストールする具体的な手順までは解説しませんが、「Fire HD 10にGoogle Playをインストールする方法」とかで検索すれば、詳細について解説したサイトがいくつか見つかるので、AndroidタブレットのようにFire HD 10を使用したい方はチャレンジしてみてください。

 

5.Fire HD 10はコスパが最強すぎる

結論として、Fire HD 10のコスパは最強でした。

「タブレットはiPadじゃなきゃ絶対に嫌だ」というユーザーを除けば、Fire HD 10は間違いなくお薦めできる製品なので、格安タブレットをお求めの方はタイムセールを開催しているこの機会にどうぞ。

【Newモデル】Fire HD 10 タブレット ホワイト (10インチHDディスプレイ) 32GB

 

以上、ガジェットマニアのくまちゃんが書いたFire HD 10に関する記事でした\(^o^)/