くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

予算別にIPOの攻略方法をまとめてみました

f:id:kumablogreview:20191028003206j:plain

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

 

表題のとおり今回は予算別にIPOの攻略方法をまとめてみました。

前提として、今回の記事はIPOの予備知識がある方向けに書いた記事なので、IPOの予備知識がゼロの方は、IPOの投資について詳しく解説した、以下の記事から読み進めてください。

 

関連記事

www.kumablogreview.com

 

では、早速行ってみましょう。

SBI証券

 

1.予算50万円の攻略方法(フェーズ1)

予算50万円でIPOに投資する場合、正直できることはかなり限られます。

私の場合は抽選に参加する証券会社をSBI証券だけに絞って、落選を繰り返しながらせっせとIPOチャレンジポイントを貯める毎日ですね。

基本的な戦略としては、50万円をSBI証券に預けっぱなしで、仮条件の上限が2,500円以下の銘柄については、当選確率を上げるために二単元以上申し込むことを基本とします。

 

2.予算100万円の攻略方法(フェーズ2)

予算100万円でIPOに投資する場合、SBI証券に加えて当選確率の高い主幹事の証券会社を何社か加えたいところですね。

主幹事を務めることが多い証券会社として、野村証券,大和証券,みずほ証券,SMBC日興証券が挙げられますが、SMBC日興証券はブックビルディングの申込時点で資金が拘束され、一銘柄に応募するだけでも数十万円の資金を必要とするので、この段階では除外します。

資金の振り分けとしては、当選してから資金が必要となる野村証券の口座は0円、SBI証券に40万円、大和証券とみずほ証券にそれぞれ30万円ずつ資金を振り分けるイメージですね。(状況によっては資金の移動もあり)

SBI証券,大和証券,みずほ証券の特徴として、同一資金で複数の銘柄に応募することが可能なので、主幹事でない銘柄についてもどしどし応募します。

ただし、大和証券,みずほ証券の二社については、一単元で応募しても二単元以上で応募しても当選確率は変わらないので、最低限主幹事で申し込み可能な銘柄の、一単元分の資金が口座に入金されていればよいという考え方ですね。

 

3.予算150万円の攻略方法(フェーズ3)

予算150万円でIPOに投資する場合、SBI証券,野村証券,大和証券,みずほ証券の四社に加えて、SMBC日興証券と三菱UFJモルガンスタンレー証券からもブックビルディングに申し込みます。

SMBC日興証券と三菱UFJモルガンスタンレー証券の二社については、同一資金で複数の銘柄に応募することが不可なので、当選確率の低い主幹事以外の銘柄は全力でスルー、主幹事の銘柄についても最優先で資金を振り分けるというよりは、余力を上記二社の主幹事案件に回すようなイメージですね。

 

4.予算200万円の攻略方法(フェーズ4)

予算200万円でIPOに投資する場合、SBI証券,野村証券,大和証券,みずほ証券,SMBC日興証券,三菱UFJモルガンスタンレー証券の六社に加えて、マネックス証券からもブックビルディングに申し込みます。

マネックス証券の特徴として、年間をとおして主幹事の銘柄がほぼない代わりに、インターネット専業の証券会社としてはSBI証券に次ぐ幹事実績と、ブックビルディングの申込時点で資金が拘束され、一銘柄に応募するだけでも数十万円の資金を必要とする代わりに、完全平等抽選で割り当てられた全ての株式が抽選に回るため、少額の資金しか用意できない投資家でもワンチャン当選するかもしれない、穴場の証券会社です。

マネックス証券に関するかぎり、主幹事の銘柄は今後もほとんどリリースされないはずなので、余力のさらに余力を回すようなイメージですね。

マネックス証券IPO

 

5.IPOを攻略するためのロードマップ

予算別にそれぞれIPOの攻略方法をまとめてみましたが、半年毎に50万円の資金を貯めることを目標として、IPOの攻略方法も半年後にはフェーズ1からフェーズ2へ、1年後にはフェーズ2からフェーズ3へ、1年半後にはフェーズ3からフェーズ4へ移行する予定です。

今後何らかの銘柄に当選してリアルに儲かった場合は、当ブログでお知らせしますのでお楽しみに。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんのIPOに関する記事でした\(^o^)/

SBI証券