くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

ループイフダンで「メキシコペソ/円」の運用をスタートしたので、私が考えた予算20万円の設定を公開します。

f:id:kumablogreview:20191222111626j:plain

アイネット証券のループイフダン | 24時間自動売買のかんたんFX

 

先週の出来事ですが、2019/11/23から運用をスタートしたループイフダンの「ユーロ/英ポンド」が0.8327を下回る0.82813で新規に約定したため、当初の予定どおり「ループイフダンS80(EUR/GBP)」の運用をストップする運びとなりました。

「ユーロ/英ポンド」については、運用をスタートした当初から下落トレンドではあったものの、過去10年間の変動幅が2392pipsと相対的に狭いので、もう少し長く運用を続けられるかなと期待していましたが、初回の運用は1ヶ月未満で終了しました。

いきなりこの記事から読み始めた方は何のことやらさっぱり分からないはずなので、私がループイフダンで「ユーロ/英ポンド」の運用を始めるに至った経緯をご存知ない方は、以下の記事から読み進めてください。

 

関連記事

www.kumablogreview.com

 

「ユーロ/英ポンド」の運用をストップしたとは言っても、ループイフダンでは今現在「豪ドル/NZドル」の通貨ペアを運用しているので、「ユーロ/英ポンド」のレートが上昇するまで、しばらく「豪ドル/NZドル」の通貨ペアのみで運用するか、スポット的に別の通貨ペアを稼働させるか迷った挙句、トラリピで既に運用している「メキシコペソ/円」の運用ありかもと思い立ったので、以下そう思うに至った理由をまとめてみました。

シストレi-NET

 

1.「メキシコペソ/円」の通貨ペアを選んだ理由について

私がループイフダンで「メキシコペソ/円」の通貨ペアを選んだ理由は以下の三つです。

 

・他の通貨ペアと比較して、相対的にレートが低い。
・他の通貨ペアと比較して、相対的に過去10年間で見た場合の変動幅が狭い。
・他の通貨ペアと比較して、相対的にロングのスワップポイントが高い。

 

f:id:kumablogreview:20191222112241j:plain

アイネット証券のループイフダン | 24時間自動売買のかんたんFX

 

f:id:kumablogreview:20191222112333j:plain

アイネット証券のループイフダン | 24時間自動売買のかんたんFX

 

新興国通貨にあたるメキシコペソの場合、一概に米ドルやNZドルなどの先進国通貨,資源国通貨との比較が難しい部分はありますが、要点だけ整理すると、「メキシコペソ/円」ロングの1日あたりのスワップポイントは、2019年12月の時点で「南アランド/円」と同じ16円であること、かつ「メキシコペソ/円」は「南アランド/円」よりもレートが低いため、レートの下落余地が限定的でより少ない資金での運用が可能であること、加えて「メキシコペソ/円」ロングを運用するレンジを、4.920(直近10年間の最安値)から5.920の範囲に限定した場合、レートが上抜けしていない現在は、「メキシコペソ/円」ロングを稼働させる絶好のチャンスであることが決め手となりました。

 

2.私が考えた「メキシコペソ/円」の設定を公開します

トラリピと比較してループイフダンは選択する項目が少ないので、私が考えた設定は以下のとおりです。

 

売買システム:ループイフダンB25(MXN/JPY)
損切設定:あり
取引数量:4(10,000通貨単位)
最大ポジション数:5

 

f:id:kumablogreview:20191222113232j:plain

アイネット証券のループイフダン | 24時間自動売買のかんたんFX

 

目安資金表を見ていただいてもお分かりのとおり、上記の設定であれば20万円の資金で運用可能です。

損切設定については「あり」派と「なし」派で意見が分かれるところですが、ループイフダンの特徴として、損切設定「なし」を選択した場合、想定外にレートが下落した場合、どこまでも資金を追加して耐えなければいけないことと、最大ポジション数を後から変更できない仕様となっているので、あえて損切設定「あり」を選択しました。

また、ループイフダンの値幅設定については、トラリピのように2銭間隔での設定ができないため、取引数量を調整して20万円の資金とのバランスを保ちました。

 

3.トレードの方針について考えてみました

予算や設定にもよりますが、一旦稼働させたループイフダンを何年にも渡って放置しておけるかと言ったら、答えは完全に「NO」です。

ロングでループイフダンを運用する場合、現在のレートから上昇し続けるかぎり利益の積み増しが期待できますが、逆に現在のレートから下落し続けると含み損が肥大化するため、私は「ループイフダンB25(MXN/JPY)」を運用するにあたり、以下の方針を策定しました。

 

・直近10年間の「メキシコペソ/円」の最安値が4.920なので、「ループイフダンB25(MXN/JPY)」を運用するレンジは、4.920から5.920までの1円の範囲とする。
・新規のポジションが5.920よりも高いレートで約定した場合、速やかにループイフダンを停止する。
・「メキシコペソ/円」の最安値が4.920よりも低いレートで更新された場合、「ループイフダンB25(MXN/JPY)」を運用するレンジを速やかに変更する。(変更後も1円の範囲で運用)
・「ループイフダンB25(MXN/JPY)」を停止したタイミングで、「ユーロ/英ポンド」のレートが想定するレンジに戻っていれば、「ループイフダンS80(EUR/GBP)」の運用を再開する。

 

ループイフダンの運用実績については、今後月次でレポートしていく予定なのでお楽しみに。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんのループイフダンに関する記事でした\(^o^)/

シストレi-NET