くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

悲報 GMOクリック証券で「米国VI」の取引が規制されている件に関して(|| ゜Д゜)

f:id:kumablogreview:20200309131229j:plain

CFD | FXと同じ仕組みで世界の株価指数、金や原油の ... - GMOクリック証券

 

先週からTwitterで話題になっているのでご存知の方も多いとは思いますが、現在GMOクリック証券では「米国VI」の取引(ショート)を規制しているため、VIXが上昇して新規のポジションを仕込む絶好のタイミングであるにもかかわらず、「米国VI」に関しては為す術がない状況です。(泣)

「米国VI」に関しては規制が解除されるのを気長に待つとして、先進国の主要な株価指数が暴落した現在は、新規のポジションを仕込む絶好のタイミングなので、「米国VI」に代わるトレードとして、今回私は「イギリス100」のロングを指値で仕掛けることにしました。

トレードの手法としては、「イギリス100」のレートが100ポイント下がったら1枚ずつ買い増していくごくごく一般的なナンピン買いで、先週末のレートが6,600を少し上回るくらいだったので、6,600,6,500,6,400,6,300,6,200・・・と指値注文を仕掛けたところ、「イギリス100」のレートが6,600から6,400まで下落したので、新規の建玉が3枚増えました。

 

f:id:kumablogreview:20200309131452j:plain

CFD | FXと同じ仕組みで世界の株価指数、金や原油の ... - GMOクリック証券

 

リスクオフが到来した現在の相場は、何よりも多額の現金を持っている者が長期的な視点では勝者になるであろうこと、仮に数千万から数百万円の現金を持たないのであれば、何に投資すべきかを瞬時に選別して、持てる現金の範囲でリスクをコントロールする地頭の良さが重要になります。

私の場合は、「米国VI」,「メキシコペソ/円」,「イギリス100」,「ユーロ/ズロチ」に分散して投資する予定ですが、しばらくは上記のトレードをリアルタイムでレポートすることになるので、続報をお待ちください。

以上、近況でした。

GMOクリック証券CFD