くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

相場に関係なく楽しめるトレードと興味のないトレードについてまとめてみました

f:id:kumablogreview:20200629004914j:plain

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)

 

今回のコロナショックでは、トラリピの「メキシコペソ/円」がストップロスを食らったり、GMOクリック証券の「米国VI」の評価損が半端なかったり、一人の投資家として学ぶことが多かったので、今回は相場に関係なく楽しめるトレードと、個人的に全く興味のないトレードについてまとめてみました。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.相場に関係なく楽しめるトレード

・インデックス投資

最もポピュラーな選択肢としては、課税の面で優遇が受けられるつみたてNISAが挙げられますが、ミドルリスクを許容してハイリターンを狙うのであれば、米国株や米国の金融商品に特化したレバレッジ型の投資信託やETFも存在するので、毎月無理のない金額を積み立てれば、将来何倍ものリターンが得られる可能性もあります。

個人的に注目している銘柄としては、「USブレイン5」,「NYダウ・トリプル・レバレッジ」,「iFreeレバレッジ NASDAQ100」,「TECL Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF」あたりが気になるので、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」からの鞍替えを目下検討中です。(各銘柄は楽天証券とSBI証券で購入できます)
楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

 

・FXのシストレ

有名どころとしては、トラリピ,ループイフダン,連続予約注文など色々ありますが、どれか一つを選ぶとすれば、通貨ペアが豊富でスワップポイントが他社に比べて好条件の、アイネット証券のループイフダンが一押しですね。

個人的に注目している通貨ペアとしては、「米ドル/スイスフラン」,「豪ドル/NZドル」,「メキシコペソ/円」あたりが気になるので、3通貨ペアともに取り扱いのあるアイネット証券のループイフダンは要注目ですね。

アイネット証券のループイフダン | 24時間自動売買のかんたんFX

 

2.個人的に全く興味のないトレード

・FXの裁量トレード

これはパソコンの画面に張り付いている時間が必然的に長くなり、忙しいサラリーマンには不向きなので今後もやりません。

 

・iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについては節税のメリットがある反面、原則60歳まで資金を引き出せないので、今後もやりません。

 

・個別株

個別株の中でも日本株は完全にオワコンなので、今後もやりません。

米国株であれば将来的な値上がりも期待できますが、個別株よりも「ナスダック100指数」のような米国の株価指数に連動した投資信託とETFにベットしていく方針なので、これもないですね。

 

・ソーシャルレンディング

ローリスクローリターンの投資として解説される場合も多いですが、貸し倒れのリスクがある一方リターンは低め(年利5%程度)で、資金を貸し付けている期間は当然資金の引き出しもできないので、これもないですね。

 

・ロボアドバイザー

最大手のウェルスナビは以前に私自身も投資していて、金融の知識がゼロで預金の代わりに何か始めたい方には打って付けの商品なのかもしれませんが、投資信託やETFの銘柄の良し悪しを選別できるようになると、ローリスクローリターンすぎてあまり面白くないので、今後はやりません。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの、相場に関係なく楽しめるトレードと興味のないトレードに関する記事でした\(^o^)/