くまちゃんのブログ

お得な情報が満載の、無料で読める楽しい読み物\(^o^)/

IPOにお薦めの証券会社8 CONNECTの取引ルールをさくっと解説

f:id:kumablogreview:20210120002049j:plain

Tポイント投資するならSBIネオモバイル証券|ネオモバ

 

前回に引き続き、今回はIPOにお薦めの証券会社の一つである、CONNECTの取引ルールをさくっと解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.大和証券で取り扱う銘柄はCONNECTからも申込可能

CONNECTは大和証券グループのスマホ証券であることから、主に大和証券が取り扱うIPOの銘柄を委託販売の証券会社として取り扱うことになります。

スマホ証券のライバルであるSBIネオモバイル証券やPayPay証券は、1株単位での抽選を取引ルールとして定めていますが、CONNECTの抽選は極めてオーソドックスな100株単位での抽選となります。

IPOの取り扱い自体は2020年12月にスタートしたばかりですが、販売を委託する大和証券が年間で35~45社程度の銘柄を取り扱うことと、その内の15~25社程度の主幹事を務めることからも、ガチでIPOの当選を狙うのであれば、CONNECTの口座は積極的に開設しましょう。

 

www.kumablogreview.com

 

2.CONNECTの資金拘束は当選したタイミングと補欠当選した銘柄を購入するタイミング

IPOの抽選に参加する場合、SMBC日興証券やマネックス証券のように、銘柄毎に抽選前の入金とブックビルディングの段階での資金拘束が発生する証券会社も少なからず存在するところですが、CONNECTの資金拘束は当選したタイミング、もしくは補欠当選した銘柄を購入するタイミングなので、当選も補欠当選もなく抽選の段階で買付余力が確認できれば、口座に入金している金額の範囲で複数の銘柄のブックビルディングに申込むことが可能です。

 

3.CONNECTのオンライントレードは委託販売する株数の70%が完全平等抽

CONNECTのオンライントレードは、なんと委託販売する株数の70%が完全平等抽選になります。

委託販売の証券会社の場合、主幹事証券や引受証券と比較して配分される株数が少ない傾向はありますが、SBI証券が主幹事を務める場合のSBIネオトレード証券や、大和証券が主幹事を務める場合のCONNECTのように、販売を委託した証券会社が主幹事を務める場合は、通常よりも多めの配分が期待できるので、必然的に当選の期待も高まりますね。

 

・委託販売の証券会社でも当選が期待できるパターン

主幹事がSBI証券・・・SBIネオトレード証券,SBIネオモバイル証券

主幹事が大和証券・・・CONNECT

主幹事がみずほ証券・・・PayPay証券

主幹事が三菱モルガンスタンレー証券・・・auカブコム証券

 

4.完全平等抽選で落選した個人投資家を対象に委託販売する株数の30%が再抽選

さらに特筆すべき点として、CONNECTでは完全平等抽選で落選した個人投資家を対象に、委託販売する株式の30%が下記五つの優遇条件で再抽選されるので、ガチで当選を狙う場合は可能な範囲で準備しておきましょう。

 

・39歳以下

・NISA口座またはつみたてNISA口座の開設

・信用取引口座の開設

・信用取引の建玉を保有

・投資信託の残高を保有

 

5.CONNECTのIPOではアプリの利用が必須

スマホ証券のCONNECTでは、ブックビルディングの申込から当選した株式の購入・売却まで、全ての操作をアプリで行う必要があるのでご注意を。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんのCONNECTに関する記事でした\(^o^)/

ひとかぶIPO