くまちゃんのブログ

資産運用に役立つ情報を日々更新します\(^o^)/

TポイントでETFに投資してみた ポイント投資が可能なSBIネオモバイル証券の魅力をさくっと解説

f:id:kumablogreview:20210211102629j:plain

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

 

ポイント投資は既に楽天証券の投信積立で着々と資産を増やしているところではありますが、今回はTポイントで株式投資が可能なSBIネオモバイル証券の魅力をさくっと解説してみたいと思います。

前提として、今回の記事は投資というよりもポイ活に近い内容なので、それを前提に読み進めてください。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.月額220円(税込)のサービス利用料について

SBIネオモバイル証券では、同社の提供するサービスを利用するために月額220円(税込)のサービス利用料の支払いが必要になります。

ただし、上記のサービス利用料を支払うことによって、月間50万円までの株式取引が定額で使い放題になることと、SBIネオモバイル証券で使える200ポイントの期間固定Tポイントが毎月付与されるため、工夫さえすれば低コストかつお得に株式投資ができちゃいますね。

 

2.毎月付与される200ポイントの期間固定Tポイントについて

毎月付与される200ポイントの期間固定Tポイントの用途は、SBIネオモバイル証券が提供する下記のサービスに限定されるので、注意が必要です。

 

・国内株式等の購入

・ネオWの購入

・FXの証拠金

 

この内、ネオWとFXについてはギャンブル的な要素が強いので、期間固定Tポイントを手堅く運用したい場合は、国内株式等の購入に充てる方法をお薦めします。

 

3.SBIネオモバイル証券で投資すべき銘柄について

SBIネオモバイル証券では、国内の各証券取引所に上場している株式を1株単位で購入することが可能ですが、それとは別に国内ETFを1口単位で購入することも可能なので、ナスダック100指数に連動するETFの取り扱いはあるのか調べてみました。

ちなみにSBIネオモバイル証券で購入可能なナスダック100指数に連動するETFは以下の三つです。

 

1545:NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信

基準価額:14,499.5円
純資産総額:306.5億円
信託報酬(税込):0.495%

 

2568:上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし

基準価額:2,464.82円
純資産総額:64.1億円
信託報酬(税込):0.275%

 

2569:上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり

基準価額:2,462.39円
純資産総額:106.8億円
信託報酬(税込):0.275%

 

前提として、SBIネオモバイル証券では金額を指定して1口未満でETFを購入することはできないので、現金の持ち出しを極力抑えてポイント投資したい場合は、なるべく基準価額の低い銘柄を選びましょう。

ナスダック100指数に連動する上記三銘柄の中では、2569が条件的に最も魅力的だったので、Tポイントを購入費用の一部に充てて、同ETFを1口注文してみました。

 

f:id:kumablogreview:20210211103028j:plain

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

 

4.今後の運用に関して

個別株の投資に関しては、単一の銘柄でポートフォリオを構成するとリスクが高すぎるので、複数の銘柄でポートフォリオを構成するのが一般的ですが、ETFの2569については、それ自体がナスダックに上場している100社から構成されているので、分散投資は不要と考えました。

また、1口単位の取引がポイ活に近いとは言いながらも、ETF1口の購入につき数千円を投資することになるので、2569を購入する頻度としては、現状2ヶ月に1回を予定しています。(当月SBIネオモバイル証券で付与される期間固定Tポイントが翌月末に失効するため)

 

5.振込手数料を節約したい場合は住信SBIネット銀行の口座開設が必須

2021年の2月現在、SBIネオモバイル証券では即時入金に対応した銀行は住信SBIネット銀行のみとなっております。

住信SBIネット銀行の口座があれば、振込手数料無料でSBIネオモバイル証券の口座に即時入金が可能なので、SBIネオモバイル証券のサービスをどしどし使う場合は、住信SBIネット銀行の口座を開設しておきましょう。

 

6.SBIネオモバイル証券の株式取引は手数料がかなりお得

ちなみにSBIネオモバイル証券の株式取引は、以下のスクショを見ていただいてもお分かりのように、他の証券会社と比較しても手数料がかなりお得です。

 

f:id:kumablogreview:20210211103306j:plain

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

 

要するに月間の約定代金合計額が50万円以内であれば、月額のサービス利用料と毎月付与される期間固定Tポイントを相殺して、実質的には月額20円の負担で取引放題が実現するので、少額で株式取引にチャレンジしたい方は是非一度お試しを。

以上、お得なサービスに目がないくまちゃんのSBIネオモバイル証券に関する記事でした\(^o^)/

LINE証券