くまちゃんのブログ

年収300万円のサラリーマンが本気でセミリタイアを目指すブログ

dポイントでETFに投資してみた ポイント投資が可能な日興フロッギーの魅力をさくっと解説

f:id:kumablogreview:20210212004135p:plain

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

 

ポイント投資は既に楽天証券の投信積立で着々と資産を増やしているところではありますが、今回はdポイントで株式投資が可能な日興フロッギーの魅力をさくっと解説してみたいと思います。

前提として、今回の記事は投資というよりもポイ活に近い内容なので、それを前提に読み進めてください。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.日興フロッギーとは何か

日興フロッギーとは、IPOのトレードでお馴染みのSMBC日興証券の口座を開設している方であれば、誰でも利用が可能なサービスです。

1株単位での株式投資が可能な証券会社は、SBIネオモバイル証券やCONNECTなど、他社でも類似するサービスが少なからず存在するところではありますが、日興フロッギーの差別化要因として、いくつか秀でた特徴があるので、順番に解説していきますね。

 

2.日興フロッギーではdポイントで株式が買える

日興フロッギーでは現金を投資しなくても、dポイントを原資として国内の株式やETFの購入が可能です。

ポイント投資については、楽天ポイントで投資信託の購入が可能な楽天証券しかり、Tポイントで国内株式の購入が可能なSBIネオモバイル証券しかり、期間限定のポイントはそもそも利用できないか、条件を付しての利用が前提となるところ、日興フロッギーでは期間・用途限定ポイントでも国内の株式やETFの購入が可能なので、dポイントの使い道にお困りの方には日興フロッギーをお薦めします。

 

3.日興フロッギーでは100円から株式投資ができる

前回紹介したSBIネオモバイル証券では、Tポイントで株式投資ができるとは言っても、1株単位での取引となるため、値嵩株(株価の高い株式)を購入する場合、現金の持ち出しが少なからず生じるところではありますが、日興フロッギーではなんと100円以上100円単位で国内の株式やETFの購入が可能です。

投資経験の浅い方の中には、現金の持ち出しがわずかでも生じると投資に踏み切れない方もいらっしゃるかとは思いますが、1株未満でも株式投資が可能な日興フロッギーであれば、1株単位で株式投資が可能なSBIネオモバイル証券よりも心理的なハードルが下がるので、初心者の方はまずここから始めてみてはいかがでしょうか。

 

4.日興フロッギーで投資すべき銘柄について

日興フロッギーでは、東京証券取引所に上場している株式を100円以上100円単位で購入することが可能ですが、それとは別に国内ETFを100円以上100円単位で購入することも可能なので、米国の株価指数に連動するETFの取り扱いはあるのか調べてみました。

ちなみに日興フロッギーで購入可能な米国の株価指数に連動するETFは以下の三つです。

 

2521:上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり

基準価額:1,358.62円
純資産総額:346.1億円
信託報酬(税込):0.165%

 

2562:上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジあり

基準価額:2,701.47円
純資産総額:115.2億円
信託報酬(税込):0.33%

 

2563:iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF(為替ヘッジあり)

基準価額:2,530.01円
純資産総額:122.6億円
信託報酬(税込):0.0825%

 

米国の株価指数に連動する上記三銘柄の中では、2563が条件的に最も魅力的だったので、dポイントで同ETFを200円分注文してみました。

 

f:id:kumablogreview:20210212004510p:plain

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

 

ちなみに日興フロッギーでは、概算注文金額が100万円以下であれば購入する時の手数料は無料なので、現金を一切使わないでdポイントだけで投資することも可能です。

 

5.今後の運用に関して

個別株の投資に関しては、単一の銘柄でポートフォリオを構成するとリスクが高すぎるので、複数の銘柄でポートフォリオを構成するのが一般的ですが、ETFの2563については、それ自体が米国の証券取引所に上場している500社から構成されているので、分散投資は不要と考えました。

また日興フロッギーについては、dポイントが100ポイント以上あれば1口未満でもETFの購入が可能なので、今後はdポイントが100ポイント以上貯まった段階で適宜2563を購入する予定です。(同ETFは長期的なグロースが期待できるので、基本的に売却は行わない)

 

インターネットで口座開設が可能な証券会社

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

IPO(新規公開株)|SBIネオトレード証券

松井証券 - ネット証券/株・投信・先物・FXの証券会社

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

以上、お得なサービスに目がないくまちゃんの日興フロッギーに関する記事でした\(^o^)/

LINE証券