くまちゃんのブログ

資産運用に役立つ情報を日々更新します\(^o^)/

運用期間2ヶ月目 「iFreeレバレッジ FANG+」の積立投資は儲かるのか検証してみました

f:id:kumablogreview:20200629004914j:plain

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

CONNECTで「iFreeレバレッジ FANG+」の積立投資を始めて1ヶ月以上が経過したので、今回は運用期間2ヶ月目の成績をさくっとレポートしてみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.「iFreeレバレッジ FANG+」について

「iFreeレバレッジ FANG+」はNYSE FANG+指数をベンチマークとするブル型のインデックスファンドです。

NYSE FANG+指数とは、アップル,アマゾンドットコム,アリババグループ,アルファベット,エヌビディア,ツイッター,テスラ,ネットフリックス,百度,フェイスブックの10銘柄から構成される、近年注目を集めている株価指数です。

大和アセットマネジメントから2020/8/19にリリースされた同ファンドは、NYSE FANG+指数の2倍の値動きで基準価額が変動するので、一般的な投資信託よりもリスクとリターンが高めではあるものの、コアではなくサテライトの位置づけで積立投資するのであれば、面白い銘柄だなと前々から興味を持っていました。

「iFreeレバレッジ FANG+」はCONNECTをはじめ多くの証券会社で取り扱っていますが、CONNECTの大きなメリットとして、IPOの抽選に参加する際、投資信託の残高を保有していると当選確率が少し高くなるので、IPOのトレードとCONNECTの取引ルールに興味がある方は以下の記事を参考にしてください。

 

www.kumablogreview.com

 

2.運用期間2ヶ月目の成績

f:id:kumablogreview:20210425005720j:plain

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

評価額:3,813円
元本:3,700円
評価損益:+113円

 

「iFreeレバレッジ FANG+」の「まいにち投信」を設定してからまだ2ヶ月程度しか経過していませんが、資産は着々と増えてますね。

「iFreeレバレッジ FANG+」はつみたてNISAの対象商品に比べてリスクが高めなので、資産の大部分をベットするのは全くお薦めできませんが、個々人の身の丈にあった金額で積立投資するのであれば、長期的なグロースが期待できる興味深いファンドです。

昨年は「iFreeレバレッジ FANG+」以外にも、お試しでレバレッジ型のバランスファンドにも投資しましたが、成績が悪いので解約しました。

そもそもポートフォリオに占める現金の比率が高ければ、ボラティリティの低い債券への投資は不要なので、不必要に信託報酬の高いバランスファンドに投資する必要はなかったなと後から気付きました。

「iFreeレバレッジ FANG+」の成績については、今後も月次でレポートしますのでお楽しみに。

 

「iFreeレバレッジ FANG+」の取り扱い証券会社

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

投信毎月現金還元サービス | 投資信託 | 松井証券

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの「iFreeレバレッジ FANG+」に関する記事でした\(^o^)/

楽天証券