くまちゃんのブログ

年収300万円のサラリーマンが本気でセミリタイアを目指すブログ

100円から始める米国株投資2 「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の魅力をさくっと解説

表題のとおり今回は、100円から米国株式への投資が可能な「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の魅力をさくっと解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.「楽天・全米株式インデックス・ファンド」のスペック

f:id:kumablogreview:20210508103248j:plain

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

純資産額:2583.88億円
管理費用:0.162%
設定日:2017.09.29
償還日:無期限

 

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」(VTI)をベンチマークとする投資信託ですが、同ファンドに限らず長期の積立投資を予定している場合は、純資産額が30億円を上回っているか、管理費用は類似する他のファンドと比較して安いか、償還日は無期限か、この三点は必ず確認するようにしましょう。

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」については、償還日が無期限で純資産額も2,500億円を超えているので繰上償還のリスクは低く、0.162%の管理費用は他のファンドと比較しても明らかに安いので、スペック的には文句なしですね。

 

2.「楽天・全米株式インデックス・ファンド」のストロングポイント

f:id:kumablogreview:20210508104341j:plain

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

設定来のパフォーマンスを見ると、3~4年間の運用で早くも+75%に迫る勢いなので、同ファンドについては今後のグロースが楽しみですね。

同ファンド以上のハイリターンを狙うのであれば、私自身も積立投資している「iFreeレバレッジ NASDAQ100」や「iFreeレバレッジ FANG+」がお薦めですが、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」はつみたてNISAの利用が可能なので、同ファンドに投資する場合は極力つみたてNISAの利用をお薦めします。

また、S&P 500をベンチマークとするインデックスファンドは「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」をはじめ数多くリリースされていますが、VTIをベンチマークとするインデックスファンドは、2021年5月現在「楽天・全米株式インデックス・ファンド」のみなので、S&P 500をベンチマークとするインデックスファンドと「楽天・全米株式インデックス・ファンド」に同額を積み立てて、二つのファンドのリターンを比較するのも面白いかもしれませんね。

 

3.日経平均株価と米国の株価指数をチャートで比較してみました

f:id:kumablogreview:20210506005434j:plain

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

f:id:kumablogreview:20210506005657j:plain

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

f:id:kumablogreview:20210506005715j:plain

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

チャートを見ていただいても分かるとおり、右肩上がりのS&P 500やナスダックと比較して、日経平均株価は1990年代以降長期的に低迷しています。

IPOのような超短期間のトレードは別として、国内株式を長期で保有してもほとんどグロースは期待できないので、これから積立投資を始める方には迷わず米国株式への投資をお薦めします。

 

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の取扱証券会社

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

投信毎月現金還元サービス | 投資信託 | 松井証券

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの「楽天・全米株式インデックス・ファンド」に関する記事でした\(^o^)/

楽天証券