くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

暗号資産のトレードが可能な三種類の取引所 入出金の違いをさくっと解説

f:id:kumablogreview:20210717141518j:plain

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

表題のとおり今回は暗号資産のトレードが可能な三種類の取引所と、それぞれの入出金の違いをさくっと解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

ビットコインとイーサリアムを自動積立×ガチホ×レンディングした場合の圧倒的なメリット

・ビットコインとイーサリアムのチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、資産価値の上昇が期待できる。

・自動積立を利用すれば、高い時は少なく安い時はより多くの暗合資産を安値で拾うことができるので、毎日チャートを見なくてよい。

・積み立てた暗号資産をレンディングすれば、追加投資しなくてもビットコインとイーサリアムの数量を増やすことが可能。

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

ビットレンディング[BitLending]

 

1.国内取引所

国内の主要な暗号資産交換業者としては、bitFlyer,Coincheck,GMOコインなどが有名ですが、そのどれもが取引所と販売所を併設しています。

国内取引所の主な特徴としては、Binanceのような海外取引所と比較して売買できるコインの種類が少ない代わりに円建てのトレードが可能なので、コインを買う時も売る時も日本円で取引できる点が最大のメリットと言えます。

 

2.海外取引所

海外取引所の中では世界最大規模のBinanceが最も有名ですが、Binanceの大きな特徴は日本円の入出金ができない代わりに、バイナンスコインをはじめとする国内取引所では売買できない300種類以上のコインを取り扱っているため、ビットコインやイーサリアムに積立投資するだけでは物足りないレベル2の段階になったら、私自身も投資してみたいと考えています。

日本円の入出金ができないという点では入口も出口も国内の取引所とは大きく異なるので、以下Coincheckでビットコインに投資する場合と、Binanceでバイナンスコインに投資する場合のキャッシュフローをそれぞれまとめてみました。

 

・Coincheckでビットコインをトレードする場合

① 日本円をビットコインに交換する(ビットコインの購入)

② ビットコインが値上がりするのを待つ

③ 値上がりしたビットコインを日本円に交換する(ビットコインの売却)

 

・Binanceでバイナンスコインをトレードする場合

① 国内取引所で日本円を暗号資産に交換する

② 国内取引所で購入した暗号資産をBinanceに送金する

③ Binanceに入金した暗号資産をバイナンスコインに交換する

④ バイナンスコインが値上がりするのを待つ

⑤ 値上がりしたバイナンスコインを別の暗号資産に交換する

⑥ Binanceで交換した暗号資産を国内取引所に送金する

⑦ 国内取引所に入金した暗号資産を日本円に交換する

 

Binanceに送金するコインはBinanceで取り扱っているコインであれば必ずしもビットコインである必要はないものの、日本円を投資してから日本円に交換するまでの流れが国内取引所よりもかなり煩雑なので、少なくとも初心者は手出し無用と言えます。

ただし、前述したトレード可能なコインの数に加え、BinanceにはBNBヴォールトのようなバイナンスコインを自動で複利運用できるサービスも存在するため、利回りの高さと入出金の煩雑さはトレードオフと言ったところでしょうか。(入出金の操作を誤ると資産を失います)

 

3.DeFi(分散型金融)

分散型金融を意味するDeFiと分散型取引所を意味するDEXは、昨年の後半あたりから大きな注目を集めるようになりましたが、投資の入口と出口は海外取引所以上に複雑なので、上級者以外は手出し無用と言えます。

CEX(中央集権取引所)に分類される国内取引所や海外取引所との違いを簡単に説明すると、CEXでは取引所で購入したコインと取引所に送付したコインの全てを取引所のアカウントで管理することになりますが、DeFiではウェブ上にインストールしたウォレットをDEXに接続して、保有する資産をユーザー自身のウォレットで管理することになるので、誤操作により資産を失う確率はCEXの場合と比較して格段に高くなります。

ただし、DeFiではイールドファーミングなどのサービスを利用して年利100%以上の高利回りが実現することも珍しくないため、やはり利回りの高さと入出金の煩雑さはトレードオフと言ったところでしょうか。

 

4.今後の戦略

暗号資産のトレードについては、年始からCoincheckでビットコインの積立投資を続けているところですが、イーサリアムにしろバイナンスコインにしろユースケースが以前よりも増加して、一部のアルトコインについては投資の対象として前向きに検討できるようになったので、今後は段階的に暗号資産への投資を強化していく方針です。

具体的なトレードの手法については、追って記事にする予定なのでお楽しみに。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/