くまちゃんのブログ

資産運用に役立つ情報を日々更新します\(^o^)/

IPOにお薦めの証券会社17 むさし証券の取引ルールをさくっと解説

f:id:kumablogreview:20210704104103j:plain

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

 

前回に引き続き、今回はIPOにお薦めの証券会社の一つである、むさし証券の取引ルールをさくっと解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.むさし証券はIPOの引受実績が少なめ

・むさし証券の主幹事数と取扱銘柄数(直近3年間)

2018年:主幹事数0社,取扱銘柄数12社

2019年:主幹事数0社,取扱銘柄数9社

2020年:主幹事数0社,取扱銘柄数11社

 

むさし証券は主幹事を務めた実績こそないものの、毎年コンスタントに5~15社程度の銘柄を取り扱うので、ガチでIPOの当選を狙うのであれば、むさし証券の口座は積極的に開設しましょう。

 

2.むさし証券は抽選前の入金が不要

IPOの抽選に参加する場合、遅くとも抽選までに資金の入金が必要な証券会社がほとんどですが、なんとむさし証券は抽選前に資金を入金しなくても抽選に参加することが可能です。(神か・・・)

落選した場合はその時点で終了、ワンチャン当選か補欠当選して、当選した株式を購入する場合のみ口座に資金を入金すればよいので、資金に余裕のない方でもチャレンジできます。(チャレンジしない理由はない)

 

3.むさし証券のオンライントレードは引受株数の10%が完全平等抽選

むさし証券のオンライントレードは、引受株数の10%が完全平等抽選により抽選されます。

抽選前に資金を入金しなくてもIPOの抽選に参加できる証券会社は、2021年7月の現在において全部で9社ありますが、アイザワ証券のようにオンライントレードでは取扱銘柄の一部しか抽選に参加できない証券会社もある中で、むさし証券はオンライン経由でも全ての銘柄の抽選に参加できるので、IPOに当選する確率を少しでも高めたいのであれば、むさし証券の口座も開設しておきたいですね。

参考までに、上記9社の完全平等抽選の割合を引受証券と委託販売の証券会社に分けて掲載しておきますので、興味のある方はどうぞ。

 

・引受証券(委託販売の証券会社よりも配分される株数が多い)

アイザワ証券・・・10%(オンライントレードでは取扱銘柄の一部しか抽選に参加できない)

いちよし証券・・・1%

エイチ・エス証券・・・10%

野村証券・・・10%

松井証券・・・70%以上

むさし証券・・・10%

 

・委託販売の証券会社(引受証券よりも配分される株数が少ない)

DMM.com証券・・・100%

SBIネオトレード証券・・・10%

岡三オンライン証券・・・10%

 

インターネットで口座開設が可能な証券会社

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

IPO(新規公開株)|SBIネオトレード証券

松井証券 - ネット証券/株・投信・先物・FXの証券会社

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんのむさし証券に関する記事でした\(^o^)/

LINE証券