くまちゃんのブログ

資産運用に役立つ情報を日々更新します\(^o^)/

主要な暗号資産交換業者の自動積立サービスを比較してみました

以前に当ブログで紹介した、GMOコインの「つみたて暗号資産」に毎日積み立てのプランが追加されたので、今回は改めて主要な暗号資産交換業者(bitFlyer,Coincheck,GMOコイン)の自動積立サービスを比較してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.暗号資産の自動積立サービスについて

2021年7月現在、ビットコインをはじめとする暗号資産の自動積立サービス(毎日積み立てのプラン)を展開している暗号資産交換業者は三社(bitFlyer,Coincheck,GMOコイン)のみです。

ビットコインの積立投資については、今年の1月からCoincheckの「Coincheckつみたて」で毎月1万円を積み立てているところですが、株式と異なり値幅制限のない暗号資産は、他のアセットと比較してボラティリティが非常に高いので、ポートフォリオの大部分を割り当てたり、安易にレバレッジ取引に手を出すのは全くお薦めできません。

ただし、暗号資産の強みであるブロックチェーンやスマートコントラクトを活用したサービス(DeFiやNFT)は年々増加傾向にあり、時価総額上位のコインは右肩上がりで価格が推移しているため、長期的なグロースが期待できるコインに、なるべく手間暇かけずに、なるべくリスクを抑えて投資ができたら最高ですよね。

 

ビットコインのチャート

f:id:kumablogreview:20210711153927j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

イーサリアムのチャート

f:id:kumablogreview:20210711154046j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

・自動積立サービスのターゲットとなる顧客層

ポートフォリオの一部に暗号資産を加えたいと考えている

なるべく手間暇かけずに暗号資産を運用したい

暗号資産の長期的なグロースを確信している

 

暗号資産の自動積立サービスは、上記のニーズに当てはまる方にとっておそらく最適なソリューションとなりえるはずなので、これから暗号資産に投資したいと考えている方は検討の価値ありですよ。

 

2.自動積立サービスのメリットとデメリット

初心者にもお薦めの自動積立サービスではありますが、メリットがある一方、デメリットも少なからず存在するので合わせて解説しておきます。

 

・自動積立サービスのメリット

長期保有が前提なのでチャートを気にする必要がない。(放置度が高い)

一時的に暗号資産の価格が下落しても、安値でより多くのコインが買えるので、高値で一括投資する場合よりもリスクを抑えられる。

 

・自動積立サービスのデメリット

自動積立サービスの買付価格は取引所ではなく販売所の価格に依拠するので、取引所でコインを買う場合よりも価格が高い。

 

自動積立サービスのメリットとデメリットを天秤にかけた場合、月1回の積立頻度であれば取引所でコインを購入する方がコストの面でお得なので、もし自動積立サービスを利用するのであれば、毎日積み立てのプラン一択ですね。(毎日取引所にアクセスして、毎日手動でコインを買い続けるのは無理ゲーでしょ)

 

3.三社のサービスを比較してみました

三社のサービスを比較するにあたり、各社で取り扱っているコインの種類に多少の差異はあるものの、多くのユーザーの関心を惹きつけるビットコインとイーサリアムは三社とも取り扱っている状況なので、これから積立投資を始める方は、毎日積み立てのプランを選択した場合の各社が設定する下限の金額に注意しましょう。

ちなみに、bitFlyer,Coincheck,GMOコインが設定している下限の金額は以下のとおりです。

 

bitFlyer かんたん積立:1円から設定が可能

Coincheckつみたて:月額10,000円を日数に応じて均等割

つみたて暗号資産:500円から設定が可能(1ヶ月あたり14,000円から15,500円の資金が必要)

 

結論として、毎月1万円未満の少額で積立投資したい場合は「bitFlyer かんたん積立」一択、毎月1万円以上の積立投資が可能な場合は「bitFlyer かんたん積立」と「Coincheckつみたて」の二択、毎月15,500円以上の積立投資が可能な場合はどれを選んでも問題ないことが分かりました。

どれでも選べる場合は、入出金の手数料やコインを他の取引所に送金する際の手数料が決め手になるので、次回は上記三社の各種手数料を比較してみたいと思います。

 

ビットコインの自動積立が可能な暗号資産交換業者

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

コインチェック