くまちゃんのブログ

資産運用に役立つ情報を日々更新します\(^o^)/

イーサリアム,バイナンスコイン,ポリゴンの積立投資を始めました

表題のとおり今回は、暗号資産のイーサリアム,バイナンスコイン,ポリゴンの積立投資を始めることにしたので、各コインに積立投資する方法をさくっと解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.なぜイーサリアム,バイナンスコイン,ポリゴンに投資しようと考えたのか

f:id:kumablogreview:20210717141518j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

上記のスクショは、スマートコントラクトを実装した各ブロックチェーンにロックされた資金量を表すチャートですが、暗号資産のトレードの中でも急速に資金が流入しているDeFiの存在は最早無視できないレベルになってきましたね。

現在の相場が2017年のバブルと明らかに異なるのは、ビットコインをはじめとする暗号資産に機関投資家の資金が流入していることと、一部のアルトコインについてはDeFiやNFTのプラットフォームでユースケースが確実に広がりつつあるので、年始の段階では投機と考えていたアルトコインの購入についても、長期保有を前提とする投資の対象として真剣に考えるようになりました。

数あるアルトコインの中でも、イーサリアム,バイナンスコイン,ポリゴンを選んだ理由は、各ブロックチェーンのDeFiで取引をするには、まず手数料に相当するトークンが必要であることと、仮にDeFiで取引をしないまでも、各トークンのユースケースが拡大すれば、需要の増加に連動してトークン価格の上昇も期待できると考えたからです。

 

2.イーサリアムの積立投資について

f:id:kumablogreview:20210711154046j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

2021年7月現在イーサリアムの時価総額はビットコインに次ぐ2位、チャートを見ていただいても分かるとおり一時的に下落してはいるものの、イーサリアムのDeFiが急拡大した2021年は史上最高値を更新しています。

イーサリアムについてはCoincheckをはじめとする国内販売所で自動積立が可能なので、Coincheckの「Coincheckつみたて」(毎日つみたてプラン)を利用して毎月1万円積立投資することにしました。

 

www.kumablogreview.com

 

3.バイナンスコインの積立投資について

f:id:kumablogreview:20210717145109j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

2021年7月現在バイナンスコインの時価総額は4位、チャートを見ていただいても分かるとおり一時的に下落してはいるものの、BSCのDeFiが急拡大した2021年は史上最高値を更新しています。

国内販売所で取り扱いのないバイナンスコインについては、bitFlyerとBinanceを利用して、以下のステップで積立投資することにしました。

 

①bitFlyerの「bitFlyer かんたん積立」を利用して毎日200円分のリップルを購入する

②bitFlyerで購入したリップルを定期的にBinanceに送金する

③Binanceに入金したリップルをバイナンスコインに交換する

④Binanceのステーキングを利用してバイナンスコインの枚数を増やす

 

Binanceについては日本円の入金ができないので、仕方なく上記の方法を策定しました。

「bitFlyer かんたん積立」を選んだ理由は少額の積立投資が可能であることと、送金するコインにリップルを選んだ理由は手数料無料で送金できるからです。

 

www.kumablogreview.com

 

この方法についてはうまく機能するかどうか不明な部分も多いので、投資する資金はイーサリアムの2/3以下に相当する1日200円としました。

 

4.ポリゴンの積立投資について

f:id:kumablogreview:20210717145514j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

2021年7月現在ポリゴンの時価総額は20位、チャートを見ていただいても分かるとおり一時的に下落してはいるものの、ポリゴンのDeFiが急拡大した2021年は史上最高値を更新しています。

国内販売所で取り扱いのないポリゴンについては、バイナンスコインと同様にbitFlyerとBinanceを利用して、以下のステップで積立投資することにしました。

 

①bitFlyerの「bitFlyer かんたん積立」を利用して毎日100円分のステラルーメンを購入する

②bitFlyerで購入したステラルーメンを定期的にBinanceに送金する

③Binanceに入金したステラルーメンをビットコインに交換する

④交換したビットコインをポリゴンに交換する

⑤Binanceのステーキングを利用してポリゴンの枚数を増やす

 

Binanceについては日本円の入金ができないので、仕方なく上記の方法を策定しましたが、ポリゴンの積立投資はバイナンスコインの積立投資以上に手順が複雑なので、詳しく解説しますね。

まず、「bitFlyer かんたん積立」を選んだ理由は少額の積立投資が可能であることと、送金するコインにステラルーメンを選んだ理由は手数料無料で送金できるからです。

Binanceに送金するリップルやステラルーメンは、Binanceのコンバートを使って他のコインに交換できますが、リップルやステラルーメンを直接ポリゴンに交換することはできないので、ポリゴンに交換することが可能なビットコインに、一旦ステラルーメンを交換する必要があります。

「そんな面倒なことをするくらいなら、Binanceにビットコインを送金するのが合理的なのでは」というご意見も聞こえてきそうですが、bitFlyerからビットコインを送金するとコストの負担が重いので、バイナンスコインに積み立てる資金と区別するために、あえてステラルーメンを選びました。

この方法についてはうまく機能するかどうか不明な部分も多いので、投資する資金はイーサリアムの1/3以下に相当する1日100円としました。

 

5.暗号資産のポートフォリオについて

当ブログでも繰り返し述べてきましたが、ビットコインとアルトコインの値動きは相関性が強く、ビットコインが暴落すればアルトコインも暴落し、ビットコインが暴騰すればアルトコインも暴騰する傾向があるため、必ずしもアルトコインへの投資が必要だとは私自身も考えていません。

それでもアルトコインに投資する理由は、BinanceやDeFiへの強い興味とブロックチェーンの可能性にわくわくするからです。

ただし、時価総額1位のビットコインと時価総額20位のポリゴンに同額を投資するのはリスクが高すぎるので、時価総額の低いアルトコインについては投資する金額のサイズを小さくしました。

ちなみにビットコインを含む4種類のコインに割り当てる年間の予算は以下のとおりです。

 

ビットコイン・・・12万円

イーサリアム・・・12万円

バイナンスコイン・・・200円×365日=73,000円

ポリゴン・・・100円×365日=36,500円

 

積立投資の結果については、当ブログで定期的にレポートしますのでお楽しみに。

 

ビットコインの自動積立が可能な暗号資産交換業者

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

コインチェック