くまちゃんのブログ

資産運用に役立つ情報を日々更新します\(^o^)/

HashHub Researchを利用した感想についてまとめてみました

f:id:kumablogreview:20210718004012j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

表題のとおり今回は、クリプトマニアの間で話題のHashHub Research(Basic会員)を1ヶ月間だけお試しで利用してみたので、利用した感想を率直にまとめてみました。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.HashHub Researchとは何か

HashHub Researchとは、ブロックチェーンに特化した日本最大級のリサーチメディアです。

登録できるプランは下記の三種類で、会員登録するとお手持ちのスマホやパソコンから、過去のアーカイブも含めたハイクオリティーな記事を登録したプランの範囲で読むことができます。

 

無料会員:月額0円

Basic会員:月額9,990円(税込)

Pro会員:月額29,990円(税込)

 

今回レポートするのは、月額9,990円のBasic会員を利用した感想になりますので、HashHub Researchの記事を思う存分読みたいけれど、課金するのを躊躇している方の参考になればと思います。

 

2.HashHub Researchの魅力

HashHub Researchの魅力を一言で表すと、掲載されている記事がブロックチェーンの分野に特化していて、かつ記事の内容がアカデミックで品質が非常に高いことが挙げられます。

掲載されている記事の内容は素人向けではなく、ブロックチェーン業界の仕事やDeFiの運用に携わっている人をメインターゲットに書かれているので、Coincheckでちまちまとビットコインの積立投資をしているリテラシー低めのユーザー(それは私です)にとっては、得られる刺激が多い反面、アカデミックすぎて部分的にしか理解が追いつかないはずなので注意しましょう。

 

3.HashHub Researchを1ヶ月間で解約した理由

冒頭にも書きましたが、私は月額9,990円のBasic会員を1ヶ月間だけお試しで利用した後、Basic会員から無料会員にプランを切り替えました。

理由としては、HashHub Researchの記事を中傷する気持ちは一切なく、価格に見合った量と品質を担保していることは100%認めますが、そもそも暗号資産に50万円以下の資金しか投資していない私のようなユーザーからすると、「レポート読むのに9,990円を支払うよりも、その金でコイン買った方がよくね?」と費用対効果の薄さが明らかなので、リサーチャーの皆様に敬意は表しつつも、ばっさり解約するに至った次第です。

 

4.HashHub Researchの有料会員はお薦めなのか

HashHub Researchはあくまでメディアであり、課金してお金が増える投資ではないので、国内取引所や海外取引所の範囲でしか暗号資産を運用しないユーザーは無料会員で十分と考えますが、DeFiで100万円以上の資金を運用しているユーザーの場合、動きの早いブロックチェーンの動向を一次のリソースから拾おうとすると、必然的に時間や労力のコストが発生するはずなので、投資の指南はしてくれないまでも、暗号資産の投資に役立つ情報をリスクも含めて解説しているHashHub Researchのようなメディアに、有料会員として登録する価値は十分にあると考えます。

下記に無料で読めるHashHub Researchの記事を貼っておきますので、興味のある方はご一読を。

 

hashhub-research.com

 

ビットコインの自動積立が可能な暗号資産交換業者

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんのHashHub Researchに関する記事でした\(^o^)/

コインチェック