くまちゃんのブログ

年収300万円のサラリーマンが本気でセミリタイアを目指すブログ

BinanceでMATICに積立投資する方法を徹底解説

表題のとおり今回は、海外取引所のBinanceでMATIC(ポリゴン)に積立投資する方法を徹底解説したいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.MATICとは何か

MATICとはPolygonのDeFiやNFTのプラットフォームで手数料として必要になるトークンです。

暗号資産に雰囲気で投資している方の中には、トークンとブロックチェーンを同義的に解釈している方もいらっしゃるかと思いますが、暗号資産を正しく理解する上でトークンとブロックチェーンの関係性は非常に重要なので、スマートコントラクトを実装した代表的な暗号資産を例に解説しておきますね。

 

・イーサリアム

ブロックチェーン・・・Ethereum
トークン・・・ETH

 

・バイナンスコイン

ブロックチェーン・・・BSC(バイナンス・スマート・チェーン)
トークン・・・BNB

 

・ポリゴン

ブロックチェーン・・・Polygon
トークン・・・MATIC

 

ここで述べるブロックチェーンとは、Android,ios,WindowsのようなOSをイメージしていただいて、スマートコントラクトを実装したブロックチェーンの場合、dAppsと呼ばれる分散型アプリケーションを動かすことができるので、PolygonのDeFiではアプリ内で課金するためのトークンが必要となります。

そのトークンがMATICなのです。

 

f:id:kumablogreview:20210821154212j:plain

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

f:id:kumablogreview:20210821123401j:plain

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

100種類以上存在する暗号資産の中には、開発が進んでいないコインやユースケースが拡大していないコインも数多く存在しますが、2021年以降PolygonのDeFiには多額の資金が流入しているため、浮き沈みはあるもののMATICの価格は右肩上がりで上昇しています。

国内取引所では入手不可能なMATICに投資する場合、世界最大の暗号資産交換業者であるBinanceが有力な選択肢となるので、私自身は2021年7月よりBinanceを利用するようになりました。

 

2.Binanceに送金可能な暗号資産を国内取引所で購入する

クレジットカードを利用する場合は別として、Binanceでは日本円と暗号資産を交換することはできないので、BinanceでMATICを購入したい場合は、国内取引所からBinanceに暗号資産を送金しなければなりません。

新たに暗号資産を購入しないまでも、既に保有している暗号資産をBinanceに送金する方法もありますが、安値で買い付けたビットコインやイーサリアムを手放したくない場合は、MATICに積み立てるための暗号資産を国内取引所で購入する必要があります。

私を例に挙げると、bitFlyerの「bitFlyer かんたん積立」を利用して、送金手数料無料のステラルーメンを毎日100円分購入していますが、具体的な方法については別の記事で詳しく解説してますので、興味のある方はどうぞ。

 

www.kumablogreview.com

 

www.kumablogreview.com

 

3.国内取引所からBinanceに暗号資産を送金する

次にbitFlyerで購入したステラルーメンをどの程度の間隔でBinanceに送金するかについてですが、間隔が狭すぎると送金自体を忘れてしまう可能性があり、間隔が広すぎるとMATICの積立投資というよりもステラルーメンの積立投資に近付きすぎてしまうリスクがあるため、私自身は月に1回の頻度でステラルーメンをBinanceに送金しています。

 

www.kumablogreview.com

 

4.Binanceに入金した暗号資産をMATICに交換する

bitFlyerからBinanceにステラルーメンを送金する方法については、上に貼った記事で詳しく解説してますので、Binanceにステラルーメンが入金したら、Binanceの「トレード」⇒「コンバート」より下記のページに遷移して、XLMを一旦BTCに交換、交換したBTCを再度MATICに交換する順序でMATICを入手しましょう。(現状BinanceではXLMからMATICへのコンバートができないため)

 

f:id:kumablogreview:20210821154823j:plain

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

5.バイナンスアーンを利用してMATICの数量を増やす

f:id:kumablogreview:20210821155004j:plain

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

国内取引所でも暗号資産のレンディングサービスは利用可能ですが、Binanceの定期ステーキングは国内取引所よりも利回りが高めに設定されています。

私の場合は、期間30日の定期ステーキングを利用して、Binanceに預けているMATIC+新たにBinanceで購入したMATICを月に1回の頻度でステーキングしています。

また日々発生する利息収入についても、フレキシブルセービングの自動振替を利用すれば、MATICを複利で運用することが可能となるので、興味のある方は是非一度お試しを。

 

ビットコインとイーサリアムの自動積立が可能な暗号資産交換業者

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

MATICの積立投資が可能な海外取引所

招待ID:146916315

accounts.binance.com

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

bitFlyer