くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

運用期間8ヶ月目 「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の積立投資は儲かるのか検証してみました

f:id:kumablogreview:20200629004914j:plain

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

 

楽天証券で「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の積立投資を始めて7ヶ月以上が経過したので、今回は運用期間8ヶ月目の成績をさくっとレポートしてみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

ネット証券でインデックス投資を始める圧倒的なメリット

・ナスダック100指数やS&P 500のチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、左記の指数に連動するファンドに投資すれば資産価値の上昇が期待できる。

・店頭系の証券会社と比べてネット証券は管理費用の安いファンドの取り扱いが豊富。

・SBI証券や楽天証券では、現金の代わりにPontaポイント,Tポイント,楽天ポイントでも投資信託の購入が可能。

プレミアム積立(投信) - 投資信託 - auカブコム証券

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

投信毎月現金還元サービス | 投資信託 | 松井証券

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

1.「iFreeレバレッジ NASDAQ100」について

「iFreeレバレッジ NASDAQ100」は、ナスダック100指数をベンチマークとするブル型のインデックスファンドです。

歴史的に見ても、ナスダック100指数はS&P 500やダウ平均株価をアウトパフォームしているので、インデックスファンドを1本選ぶとすれば、ナスダック100指数をベンチマークとするファンド一択、しかも「iFreeレバレッジ NASDAQ100」はナスダック100指数の2倍の値動きで基準価額が変動するので、一般的な投資信託よりもリスクとリターンが高めです。

ナスダック100指数と「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の魅力については、以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はどうぞ。

 

www.kumablogreview.com

 

www.kumablogreview.com

 

なお、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の投信積立は楽天証券の楽天クレジットカード決済を利用すれば、保有している楽天ポイントを投信積立の購入費用に充てることができるので、楽天ポイント派の私は楽天証券の投信積立を利用していますが、楽天証券のポイント還元は近年改悪傾向にあるので、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の投信積立が可能な証券会社のリンクを参考までに貼っておきますね。

 

auカブコム証券
LINE証券
SBI証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券

 

2.運用期間8ヶ月目の成績

f:id:kumablogreview:20210822064404j:plain

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

 

評価額:94,903円
元本:80,000円
評価損益:+14,903円

 

昨年「iFreeレバレッジ NASDAQ100」に積み立てていた分は既に売却したので、今年はゼロからのリスタートになりますが、資産は着々と増えてますね。

「iFreeレバレッジ NASDAQ100」はつみたてNISAの対象商品に比べてリスクが高めなので、資産の大部分をベットするのは全くお薦めできませんが、個々人の身の丈にあった金額で積立投資するのであれば、長期的なグロースが期待できる興味深いファンドです。

昨年は「iFreeレバレッジ NASDAQ100」以外にも、お試しでレバレッジ型のバランスファンドにも投資しましたが、成績が悪いので解約しました。

そもそもポートフォリオに占める日本円の比率が高ければ、ボラティリティの低いコモディティ,債券,リートへの投資は不要なので、不必要に信託報酬の高いバランスファンドに投資する必要はなかったなと後から気付きました。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの「iFreeレバレッジ NASDAQ100」に関する記事でした\(^o^)/

LINE証券