くまちゃんのブログ

年収300万円のサラリーマンが本気でセミリタイアを目指すブログ

100万円以下の資金しかない弱小投資家は暗号資産にどう向き合うべきか考えてみました

f:id:kumablogreview:20210925104426j:plain

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

表題のとおり今回は、100万円以下の資金しかない弱小投資家は暗号資産にどう向き合うべきか、少額の資金でも手堅く資産を増やす方法について考えてみました。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.そもそも暗号資産はポートフォリオに必要なのか

資金の多寡にかかわらず、ハイリスクな投資はもちろんミドルリスクな投資も許容できない方には、暗号資産はお薦めしません。

ローリスクミドルリターンを求めるのであれば、小型株に限定してIPOの抽選に参加するか、つみたてNISAを利用して管理費用の安いインデックスファンドに投資するのが最も無難なので、アルトコインはおろかビットコインにも投資してはいけません。

と言いたいところですが、それはそれで面白くなさすぎるので、過度なリスクは取りたくないけれども暗号資産に興味がある場合は、サテライト投資という位置づけでポートフォリオの1/10以下での投資をお薦めします。

投資する予算が決まったら、今度は投資する銘柄とトレードルールを策定する必要があるので、順番に解説しますね。

 

2.一つの銘柄に全ツッパしない

100万円の予算を全てビットコインに投資するのも一つの方法ですが、アルトコインの中には今後ビットコイン以上にグロースが期待できる銘柄も少なからず存在するので、可能であればビットコインを含む複数の銘柄でポートフォリオを組成しましょう。

ただし、時価総額下位の銘柄はサポートラインが脆弱で資産価値も低いので、各銘柄に割り当てる資金は均等に配分するよりも、時価総額上位の銘柄に多くの資金を割り当てて、時価総額下位の銘柄に少ない資金を割り当てる方法をお薦めします。

 

ex.私のポートフォリオ

BTC・・・年間予算12万円,時価総額1位
ETH・・・年間予算12万円,時価総額2位
BNB・・・年間予算73,000円(200円×365日),時価総額5位
MATIC・・・年間予算36,500円(100円×365日),時価総額21位

 

3.積立投資を戦略の基本とする

株式と異なり一日あたりの値幅制限のない暗号資産はボラティリティが非常に激しいので、投資するのであれば現物取引の買い一択、また一括投資よりは高値掴みのリスクが低い積立投資をお薦めします。

各銘柄のトレードルールについては、別の記事で詳しく解説してますので、興味のある方はどうぞ。

 

www.kumablogreview.com

 

www.kumablogreview.com

 

www.kumablogreview.com

 

www.kumablogreview.com

 

4.ステーキング可能な銘柄に投資する

購入した暗号資産については長期的な価格上昇を期待しているのでガチホを基本としますが、Binanceで取り扱っているコンセンサスアルゴリズムがPoSの銘柄は、ステーキングで数量を増やすことができるので、アルトコインに投資する場合は、Binanceでステーキング可能かどうかが一つの判断材料になります。

 

f:id:kumablogreview:20210925105525j:plain

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

私自身も投資しているMATICを例に挙げると、Binanceの定期ステーキングを利用すれば年利10~15%程度でMATICの数量を増やすことができるので、キャピタルゲインと合わせてインカムゲインが期待できる暗号資産への投資は、資産運用のポートフォリオに是非とも加えたいですよね。

 

ビットコインとイーサリアムの自動積立が可能な暗号資産交換業者

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

バイナンスコインとポリゴンの積立投資が可能な海外取引所

招待ID:146916315

accounts.binance.com

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

bitFlyer