くまちゃんのブログ

年収300万円のサラリーマンが本気でセミリタイアを目指すブログ

爆益必至のCoincheck IEOについて調べてみました

今回は抽選に参加して1口以上当選していれば、もれなく爆益が実現したパレットトークンのIEOを振り返るとともに、今後もチャンスが訪れるであろうことを期待して、Coincheck IEOについて調べてみました。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.IEOとは何か

f:id:kumablogreview:20211010014308j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

IPO・・・Initial Public Offering
ICO・・・Initail Coin Offering
IEO・・・Inital Exchange Offering

 

おそらく投資家にとって最も馴染みの深いIPOは、証券会社を介して未公開株式を証券取引所に上場させる方法ですが、IEOとはまだ市場に供給されていないトークンを特定の暗号資産取引所に上場させる方法なので、暗号資産のIPO=IEOと解釈すれば理解も早いのかもしれません。

同じくトークンを市場に供給させる方法の一つであるICOとの違いは、上場にあたって第三者の審査を必要としないICOとは異なり、IEOではトークンを上場する暗号資産取引所がトークンのみならず発行元の企業についても審査を行うので、数年前にブームになったものの詐欺が多発してオワコン化したICOよりも、ローリスクハイリターンが狙いやすいトレードとして、近年注目を集めています。

 

2.Coincheck IEOのメリット

国内の暗号資産取引所に限定しなければ、BinanceやFTXでもIEOの抽選に参加することは可能ですが、海外の暗号資産取引所については、IEOの参加条件として特定の暗号資産を一定数保有していなければそもそも参加資格が与えられなかったり、仮にIEOが当選しても日本円でトークンを購入できないというデメリットが存在するので、日本円の入金が可能で、トークンの購入も売却も円建てで取引できるCoincheck IEOは、暗号資産に疎い投資家でも参入障壁が低く、販売価格が基本的に低く設定されていることからも、Coincheck IEOはデメリットを探すのが難しいメリット満載のトレードと言えます。

 

3.Coincheck IEOのデメリット

Coincheck IEOは上場に際してCoincheckが審査を行うので、販売価格は基本的に低く設定されているはずですが、抽選に当選した場合、Coincheck IEOではトークンの購入をキャンセルできないので、上場後トークンの価格が長期間販売価格を下回る場合は、含み損を抱えて資金が塩漬けになるリスクがあります。

 

4.パレットトークンの現在について

f:id:kumablogreview:20211010014628j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

パレットトークンの価格は上場直後に急騰し、現在まで販売価格の10倍から20倍の間を推移しているので、今更ながらIEOの抽選に参加しなかっとことを深く後悔しています。

 

5.今後の戦略

初回については、「儲かるのかどうかよく分からない」という理由で参加を見送りましたが、今後Coincheck IEOのスケジュールがアナウンスされた場合は、入金可能なマックスの資金で抽選に参加すべきであり、当選した場合は10倍以上の価格を指定して指値注文で売り抜けるのが賢い戦略なんじゃないでしょうか。

いずれにしても暗号資産のIEOは、株式のIPOと比較しても明らかにリターンが大きいので、Coincheck IEOの第二弾が本当に待ち遠しいですね。

 

過去にIEOを実施した暗号資産交換業者

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんのCoincheck IEOに関する記事でした\(^o^)/

コインチェック