くまちゃんのブログ

年収300万円のサラリーマンが本気でセミリタイアを目指すブログ

パレットトークンのIEOに上限口数で申し込んだ場合、いくら必要だったのか計算してみました。

f:id:kumablogreview:20211010014308j:plain

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

初回については、「儲かるのかどうかよく分からない」という理由でCoincheck IEOの参加を見送りましたが、上場後のパレットトークンの価格が販売価格よりも高値圏で推移していることからも、Coincheck IEOの第二弾が発表されることに備えて、今回はパレットトークンのIEOに上限口数で申し込んだ場合、いくら必要だったのか計算してみました。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.パレットトークンのIEOに上限口数で申し込んだ場合の必要資金

パレットトークンの販売概要(Initial Exchange Offering)

販売価格:4.05円/PLT
申込単位(1口):1,000PLT
申込上限口数:2,400口
手数料:申込金額の8%

 

① 4.05円×1,000PLT×2,400口=9,720,000円
② 9,720,000円×8%=777,600円
①+②=10,497,600円

 

仮にCoincheck IEOの第二弾が発表された場合、諸条件は当然異なるので、あくまで目安ではありますが、パレットトークンのIEOにフルエントリーする場合は、1,000万円以上の日本円が必要だったことが分かりました。

 

2.今日から準備すべきこと

Coincheck IEOの第二弾が発表されるまでの間、準備すべきことは1にも2にも日本円を貯めることです。

日本円を活用した有効な投資の手法としては、普通預金や定期預金よりもIPOが圧倒的にお薦めなので、Coincheck IEOの予定がない期間はIPOに全ツッパして、Coincheck IEOの第二弾以降が発表された場合は、一時的にIPOの資金を流用してCoincheck IEOに参戦するのが賢い戦略なんじゃないでしょうか。

 

過去にIEOを実施した暗号資産交換業者

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんのCoincheck IEOに関する記事でした\(^o^)/

コインチェック