くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

DeFiのイールドファーミングでビットコインを運用するリスクについて考えてみました

表題のとおり今回は、DeFiのイールドファーミングでビットコインを運用するリスクについて考えてみました。

それでは早速行ってみましょう。

ビットコインとイーサリアムを自動積立×ガチホ×レンディングした場合の圧倒的なメリット

・ビットコインとイーサリアムのチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、資産価値の上昇が期待できる。

・自動積立を利用すれば、高い時は少なく安い時はより多くの暗号資産を安値で拾うことができるので、毎日チャートを見なくてよい。

・積み立てた暗号資産をレンディングすれば、追加投資しなくてもビットコインとイーサリアムの数量を増やすことが可能。

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

ビットレンディング[BitLending]

 

1.PancakeSwapでビットコインを運用する手順

DeFiのプロダクトについてはあまり知見もなく、また全てのプロダクトを網羅してもあまり意味はないので、今回はBNB Chainの代表的なDEXの一つであるPancakeSwapを例に、DeFiのイールドファーミングでビットコインを運用するリスクについて考えてみたいと思います。

 

f:id:kumablogreview:20211023001600j:plain

ビットレンディング[BitLending]

 

スクショを見ていただいてもお分かりのとおり、ビットコインの価格にペッグしたコインであるBTCBとのペアでイールドファーミングが可能なコインはイーサリアム,BNB,BUSDの三つが用意されています。

Coincheckで積み立てたビットコインをPancakeSwapでイールドファーミングする場合、まずCoincheckからBinanceにビットコインを送金して、Binanceからメタマスクなどのウォレットにビットコインを再度送金、次にウォレットとPancakeSwapを接続する必要があります。

さらにPancakeSwapでビットコインを運用する事前の準備として、ウォレットにはビットコインだけではなくトランザクションを実行する際に必要となるBNBを送金する必要があることと、保有しているビットコインの半分をイーサリアム,BNB,BUSDのいずれかにスワップして、PancakeSwap上でLPトークンを入手、入手したLPトークンをステークすることで、PancakeSwapのガバナンストークンであるCAKEを稼ぐことができます。

 

2.セルフGOXが怖い

PancakeSwapでビットコインを運用するリスクとして、ビットコインを送金する際も、またPancakeSwapやウォレットから何らかのコインを送金する際も、アドレスを設定してコインを送金する必要があるので、仮にアドレスの設定を間違えた場合、たった1回の操作で保有している資産を失うことになります。

法定通貨を原資としてインカムゲインを稼ぐ手段としては、トラリピやループイフダンなどのリピート系FXが挙げられますが、リピート系FXでは法定通貨の送金で資産を失うことはまず起こり得ないだけに、利回りが同程度であれば、より安全性の高いリピート系FXで資産を運用した方が無難なのではないでしょうか。

 

3.インパーマネントロスが怖い

イールドファーミングでビットコインを運用するリスクはセルフGOXだけではありません。

DeFiのイールドファーミングでは、LPトークンを発行する時とLPトークンを解除する時では、ビットコインの数量が必ず増減する仕様となっているため、元本の保証を求めるのであれば、国内か海外のレンディング事業者でビットコインをレンディングした方が無難です。

ビットコインをレンディングする場合についてもレンディング事業者が破綻すれば元本を失うので、あくまで投資は自己責任になりますが、インパーマネントロスの計算が複雑な上に、DeFiを利用した資産運用は放置度があまり高くないので、腕に自信がなければ参入するのを躊躇してしまいますね。

 

4.手数料負けが怖い

3でも軽く触れましたが、DeFiを利用した資産運用は放置度があまり高くありません。

例えばPancakeSwapでは、イールドファーミングで稼いだCAKEを単体でステーキングするプールが用意されていますが、PancakeSwapではトランザクションの度に手数料として必要とされるBNBが削られることになるので、報酬として付与されたCAKEをステーキングすべきなのか、あるいは一定の間隔で法定通貨に交換すべきなのか、少額の資金でCAKEを頻繁にハーベストすると手数料負けするリスクもあるため、どのような戦略でDeFiを攻略するかは非常に悩ましいところですね。

 

5.結論

結論として、2~4のリスクが怖いので、私はDeFiのイールドファーミングでビットコインを運用しません。

ビットコインの積立投資を一旦終了する2022年1月以降は、どこかのレンディング事業者でビットコインをレンディングする予定ですが、この問題については回を改めて考えてみたいと思います。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

bitbank