くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

Pontaポイントで資産運用を始めよう3 SBI証券のポイント投資をさくっと解説

f:id:kumablogreview:20211226104012j:plain

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

 

以前は楽天ポイント,Tポイントと比較して、ポイントで資産運用を体験できるチャンネルの少なかったPontaポイントですが、STOCKPOINT for MUFGやSBI証券など、Pontaポイントの利用範囲は拡大傾向にあるので、今回はその中でもSBI証券のポイント投資をさくっと解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

クレカやモバイル通信のインフラを楽天グループのサービスで統一した場合の圧倒的なメリット

・楽天市場でショッピングをした場合のポイント付与率が最大で14倍までアップする。

・楽天ペイのアプリを利用すれば、リアル店舗でも期間限定ポイントでのショッピングが可能。

・貯まった楽天ポイントはショッピング以外にも、投資信託や暗号資産の購入に使うことが可能。

期間限定ポイントを使って、賢くお得にお買い物♪

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

楽天証券で資産形成をはじめよう!

楽天ブックス: 本・DVD・CD・ゲームの通販 オンライン書店

楽天モバイル ご利用中なら、ご契約中楽天市場でのポイントが、+1倍!

 

1.SBI証券のポイント投資について

これまでSBI証券では、ポイント投資が可能なポイントはTポイントのみでしたが、2021/11/1からPontaポイントでも投資信託の購入が可能となりました。

ちなみにSBI証券で取り扱う投資信託の本数は2,600本以上と、国内で販売しているほとんど全てのファンドをカバーしているので、個別株よりもナスダック100指数のような株価指数に投資したい方には、SBI証券がお薦めです。

 

2.一押しのファンド

くまちゃん的にお薦めのファンドは、私自身も保有している「iFreeレバレッジ NASDAQ100」ですね。

iFreeレバレッジ NASDAQ100」の大きな特徴として、同ファンドはナスダック100指数の2倍の値動きで基準価額が変動するので、つみたてNISAの対象商品と比較すると、リスクとリターンが高いことが挙げられます。

 

www.kumablogreview.com

 

「2倍の値動きはリスクが高すぎる」と感じる場合は、レバレッジなしの「PayPay投信 NASDAQ100インデックス」や「eMAXIS NASDAQ100インデックス」もお薦めなので、Pontaポイントを持て余している方は、この機会にSBI証券でポイント投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 

www.kumablogreview.com

 

www.kumablogreview.com

以上、お得なサービスに目がないくまちゃんのポイント投資に関する記事でした\(^o^)/

SBI証券