くまちゃんのブログ

年収300万円のサラリーマンが本気でセミリタイアを目指すブログ

Pontaポイントで資産運用を始めよう4 auカブコム証券のポイント投資をさくっと解説

f:id:kumablogreview:20211230120025j:plain

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

 

以前は楽天ポイント,Tポイントと比較して、ポイントで資産運用を体験できるチャンネルの少なかったPontaポイントですが、STOCKPOINT for MUFGやSBI証券など、Pontaポイントの利用範囲は拡大傾向にあるので、今回はその中でもauカブコム証券のポイント投資をさくっと解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.auカブコム証券のポイント投資について

auカブコム証券では、Pontaポイントを原資として投資信託とプチ株(単元未満株)への投資が可能です。

直近では、SBI証券でもPontaポイントを原資とするポイント投資がリリースされたので、どちらの証券会社を使うのがお得なのかお悩みのユーザーも多いとは思いますが、個別株よりも投資信託に投資したい場合はどちらもお薦め、投資信託よりも個別株に投資したい場合はauカブコム証券の一択となるので、Pontaポイントの使い道にお困りの方は、auカブコム証券の利用を検討してもよいのではないでしょうか。

 

2.一押しのファンド

くまちゃん的にお薦めのファンドは、私自身も保有している「iFreeレバレッジ NASDAQ100」ですね。

「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の大きな特徴として、同ファンドはナスダック100指数の2倍の値動きで基準価額が変動するので、一般的な投資信託よりもリスクとリターンが高めです。

 

www.kumablogreview.com

 

「2倍の値動きはリスクが高すぎる」と感じる場合は、レバレッジなしの「PayPay投信 NASDAQ100インデックス」や「eMAXIS NASDAQ100インデックス」もお薦めなので、Pontaポイントを持て余している方は、この機会にauカブコム証券でポイント投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 

インターネットで口座開設が可能な証券会社

LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

IPO(新規公開株)|SBIネオトレード証券

松井証券 - ネット証券/株・投信・先物・FXの証券会社

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

以上、お得なサービスに目がないくまちゃんのポイント投資に関する記事でした\(^o^)/

初株キャンペーン