くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

100円から始める米国株投資8 「楽天レバレッジNASDAQ-100」の魅力をさくっと解説

表題のとおり今回は、100円から米国株式への投資が可能な「楽天レバレッジNASDAQ-100」の魅力をさくっと解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

ネット証券でインデックス投資を始める圧倒的なメリット

・ナスダック100指数やS&P 500のチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、左記の指数に連動するファンドに投資すれば資産価値の上昇が期待できる。

・店頭系の証券会社と比べてネット証券は管理費用の安いファンドの取り扱いが豊富。

・SBI証券や楽天証券では、現金の代わりにPontaポイント,Tポイント,楽天ポイントでも投資信託の購入が可能。

プレミアム積立(投信) - 投資信託 - auカブコム証券

SBI証券で口座開設(無料)/口座数はネット証券No.1

投信毎月現金還元サービス | 投資信託 | 松井証券

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

楽天証券で資産形成をはじめよう!

 

1.「楽天レバレッジNASDAQ-100」のスペック

f:id:kumablogreview:20220108103748j:plain

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

 

純資産額:200.46億円
管理費用:0.77%
設定日:2021.11.17
償還日:無期限

 

「楽天レバレッジNASDAQ-100」はナスダック100指数をベンチマークとする投資信託ですが、同ファンドに限らず長期の積立投資を予定している場合は、純資産額が30億円を上回っているか、管理費用は類似する他のファンドと比較して安いか、償還日は無期限か、この三点は必ず確認するようにしましょう。

「楽天レバレッジNASDAQ-100」については、償還日が無期限で純資産額も既に200億円を超えているので繰上償還のリスクは低いものの、ナスダック100指数をベンチマークとするブル型のインデックスファンドに分類されるので、管理費用は0.77%とやや高めです。

ただし、先行して販売がスタートした「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の管理費用が0.99%であることを踏まえると、ナスダック100指数の2倍の値動きで基準価額が変動するファンドの中では、「楽天レバレッジNASDAQ-100」が最も低コストなので、これからツミレバを始める人にとっては、同ファンドが有力な選択肢となるのではないでしょうか。

 

2.「楽天レバレッジNASDAQ-100」のストロングポイント

f:id:kumablogreview:20220108104000j:plain

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

 

「楽天レバレッジNASDAQ-100」は販売が始まってまだ日が浅いので、現時点で基準価額は上昇していませんが、「楽天レバレッジNASDAQ-100」と同じ商品設計の「iFreeレバレッジ NASDAQ100」は、3~4年間の運用で一時は+300%を達成しているので、同ファンドについても今後のグロースが楽しみですね。

「楽天レバレッジNASDAQ-100」は残念ながらつみたてNISAの対象商品ではないので、積立投資する場合はNISAもしくは特定口座での購入になりますが、歴史的に見ても、ナスダック100指数はS&P 500やダウ平均株価をアウトパフォームしているので、もしインデックスファンドを1本選ぶとすれば、私個人はナスダック100指数をベンチマークとするファンド一択、確たる自信の根拠は下記のチャートを見ればご理解いただけるのではないでしょうか。

 

f:id:kumablogreview:20210605155905j:plain

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

 

また、「楽天レバレッジNASDAQ-100」の大きな特徴として、同ファンドはナスダック100指数の2倍の値動きで基準価額が変動するので、一般的な投資信託よりもリスクとリターンが高めです。

あくまでバックテストの結果ではありますが、ナスダック100指数をベンチマークとするブル型のインデックスファンド(レバレッジ2倍)に20年間積立投資した場合、レバレッジ1倍のインデックスファンドを大幅に上回るハイリターンが実現したというデータもあるので、ミドルリスクを許容できる方にはつみたてNISAの対象商品よりも「楽天レバレッジNASDAQ-100」がお薦めですね。

 

f:id:kumablogreview:20210606011054j:plain

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

 

3.日経平均株価と米国の株価指数をチャートで比較してみました

f:id:kumablogreview:20210506005434j:plain

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

 

f:id:kumablogreview:20210506005657j:plain

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

 

f:id:kumablogreview:20210506005715j:plain

マネックス証券 | ネット証券(株・アメリカ株・投資信託)

 

チャートを見ていただいても分かるとおり、右肩上がりのS&P 500やナスダックと比較して、日経平均株価は1990年代以降長期的に低迷しています。

IPOのような超短期間のトレードは別として、国内株式を長期で保有してもほとんどグロースは期待できないので、これから積立投資を始める方には迷わず米国株式への投資をお薦めします。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの「楽天レバレッジNASDAQ-100」に関する記事でした\(^o^)/

マネックス証券