くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

ゼロから学ぶポルカドット3 DOTのユースケースについて調べてみました

f:id:kumablogreview:20220213004651j:plain

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

今回は投資対象として多くの投資家の関心を集める一方、2021年に大きく躍進したイーサリアム,バイナンスコイン,ソラナと比較すると、エンドユーザーがトークンを利用して資産を運用できるプロダクトが見当たらない、リテラシーの低いユーザーにとっては謎に包まれた暗号資産の一つであるポルカドットを理解するために、ポルカドットのネイティブトークンであるDOTのユースケースについて調べてみました。

それでは早速行ってみましょう。

ビットコインとイーサリアムを自動積立×ガチホ×レンディングした場合の圧倒的なメリット

・ビットコインとイーサリアムのチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、資産価値の上昇が期待できる。

・自動積立を利用すれば、高い時は少なく安い時はより多くの暗合資産を安値で拾うことができるので、毎日チャートを見なくてよい。

・積み立てた暗号資産をレンディングすれば、追加投資しなくてもビットコインとイーサリアムの数量を増やすことが可能。

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

ビットレンディング[BitLending]

 

1.ポルカドットの概要

DOTのユースケースについて解説する前に、そもそもポルカドットが何を目指すプロジェクトなのか、またビットコインやイーサリアムとは大きく異なるポルカドットの構成要素を理解していないと、ポルカドットに投資したいインセンティブは生まれないはずなので、ポルカドットをあまりご存知でない方は以下の記事から読み進めてください。

 

www.kumablogreview.com

 

www.kumablogreview.com

 

2.DOTをステーキングする

最も簡単にDOTを運用する方法としては、Binanceなどの海外取引所を利用してDOTをステーキングすれば、年利10%程度でDOTの数量を増やすことができます。

海外取引所のBinanceを利用するメリットとリスクについては、以下の記事で詳しく解説してますので、興味のある方はどうぞ。

 

www.kumablogreview.com

 

www.kumablogreview.com

 

3.クラウドローンに参加してDOTを投票する

Dappsの開発をポルカドットが担うのではなく、ポルカドットのリレーチェーンに接続するパラチェーンがDappsの開発を担うポルカドットのエコシステムでは、イーサリアムやソラナのようにDeFiのガス代としてネイティブトークンであるDOTが必要とされない代わりに、Substrateで開発したブロックチェーンを各プロジェクトがパラチェーンとしてリレーチェーンに接続するには、Parachain Lease Offeringを経てリレーチェーンに接続するためのスロットを獲得しなければなりません。

Parachain Lease Offeringのルールは、決められた期間に最も多くのDOTをステークしたプロジェクトが現状100個しか用意されていないスロットの一つを獲得できるルールとなっているため、是が非でもスロットを獲得したい各プロジェクトはチームが保有するDOTだけではなく、一般のユーザーからもクラウドローンと呼ばれる仕組みを利用して一時的にDOTを借りて、一般のユーザーから借りたDOTをチームが保有するDOTと合わせてステークすることができます。

クラウドローンに参加するユーザーが享受できるメリットとしては、ユーザーが投票したプロジェクトが晴れてスロットを獲得した場合、事前に定められた報酬(多くの場合はプロジェクトのガバナンストークン)がプロジェクト側から支払われることと、投票したプロジェクトがスロットを獲得できなくてもDOTは返却され、投票したプロジェクトがスロットを獲得した場合についても、スロットのリースが終了する2年後にはDOTが返却されるので、元本を毀損することなく資産を運用することが可能となります。

個人投資家が注意する点としては、DOTを投票したプロジェクトがスロットを獲得した場合、投票したDOTは2年間ロックされることになるので、どのプロジェクトにどれだけのDOTを投票するか、非常に悩ましいところですね。

 

www.kumablogreview.com

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/