くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

Binanceのローンチパッドについて調べてみました

今回はBinanceのローンチパッドについて詳しく解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

ビットコインとイーサリアムを自動積立×ガチホ×レンディングした場合の圧倒的なメリット

・ビットコインとイーサリアムのチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、資産価値の上昇が期待できる。

・自動積立を利用すれば、高い時は少なく安い時はより多くの暗号資産を安値で拾うことができるので、毎日チャートを見なくてよい。

・積み立てた暗号資産をレンディングすれば、追加投資しなくてもビットコインとイーサリアムの数量を増やすことが可能。

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

ビットレンディング[BitLending]

 

1.Binanceのローンチパッドとは何か

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

Binanceのローンチパッドとは、CoincheckやGMOコインのような国内取引所で実施されるところのIEOです。

おそらく投資家にとって最も馴染みの深いIPOは、証券会社を介して未公開株式を証券取引所に上場させる方法ですが、IEOとはまだ市場に供給されていないトークンを特定の暗号資産取引所に上場させる方法なので、暗号資産のIPO=IEOと解釈すれば理解も早いのかもしれません。

IEOと同じく、未上場のトークンを市場に供給させる方法の一つであるICOとの違いは、上場にあたって第三者の審査を必要としないICOとは異なり、IEOではトークンを上場する暗号資産取引所がトークンのみならず発行元の企業についても審査を行うので、数年前にブームになったものの詐欺が多発してオワコン化したICOよりも、ローリスクハイリターンが狙いやすいトレードとして、近年注目を集めています。

 

2.ローンチパッドの取引ルール

注意すべき点として、Binanceは国外に拠点を置く海外取引所なので、日本円でローンチパッドに参加することはできません。

ローンチパッドに参加する場合は、前提としてBNB ChainのネイティブトークンであるBNBをコミットする必要があるので注意しましょう。

国内取引所のIEOと比較しても、Binanceのローンチパッドの取引ルールはかなり独特なので、ローンチパッドの概要を簡単にまとめておきますね。

 

ステップ1 参加限度額の算出

参加限度額は、ユーザーがBinanceで一定期間保有していた、BNBの平均残高によって決定されます。

この期間中、ユーザーはただBNBを保有するだけで、何か特別な作業をする必要はありません。

 

ステップ2  BNBのコミット

参加限度額が決定すると、ユーザーは参加限度額までの任意のBNBをコミットすることで、ローンチパッド・トークンを受け取ることができるようになります。

 

ステップ3 計算

BNBのコミットメント期間が終了すると、Binanceは各ユーザーのトークンの割り当てを計算します。

 

ステップ4 BNBの控除

各ユーザーの最終的な割り当てが決定すると、コミットしたBNBの一部がローンチパッド・トークンとスワップされ、BNBとローンチパッド・トークンの両方が各ユーザーの現物ウォレットに反映されます。 

 

3.過去に上場したトークンの価格推移

上場後の価格推移はトークンによって大きく異なるところですが、銘柄によっては上場前の価格から100倍以上価格が高騰したトークンも存在するので、参考までにBinanceで上場したMATICのチャートを貼っときますね。

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

4.ローンチパッドの注意点

新規で上場するトークンが当選すれば一攫千金も夢ではない、ローンチパッドの注意点は以下の二つです。

 

① 抽選参加に必要なBNBの値動きが激しく、ローンチパッド・トークンが割り当てられた場合は保有しているBNBが控除される。

Binanceのローンチパッドは法定通貨やステーブルコインをコミットして抽選に参加することができないので、ローンチパッド・トークンが割り当てられた場合、BNBとスワップしたトークンの価格推移を補足することは非常に困難です。

 

ローンチパッド・トークンの価格が上昇,BNBの価格が下落・・・含み益が発生

ローンチパッド・トークンの価格が下落,BNBの価格が上昇・・・含み損が発生

ローンチパッド・トークンの価格が上昇,BNBの価格が上昇・・・???

ローンチパッド・トークンの価格が下落,BNBの価格が下落・・・???

 

② 小口のBNBホルダーには、わずかな数量しかローンチパッド・トークンが割り当てられない。

Binanceのローンチパッドは、保有しているBNBの数量が多ければ多いほど、より多くのローンチパッド・トークンが割り当てられるので、小口のBNBホルダーが一攫千金を狙うのはほぼ無理ゲーです。

数千万円以上の資金があって、BNBだけでも数百万円を投資することが可能なユーザーはともかく、小口のBNBホルダーはBNBをSimple Earnで運用して、手堅くBNBの数量を増やす方が無難なので注意しましょう。

 

5.Binanceへの送金に便利な国内取引所

2022年12月よりBinanceは日本のサクラエクスチェンジビットコインを買収して、正式に日本市場へ進出することを表明しました。

それにともない日本に居住しているユーザーは、海外取引所のBinanceで新規のアカウントを登録することができなくなりましたが、2022年11月以前に海外取引所のBinanceでアカウントを登録した既存ユーザーは、引き続き海外取引所のBinanceを利用することが可能です。

また、日本円の入出金が可能な国内取引所と異なり、海外取引所のBinanceを利用する場合は、国内取引所から暗号資産を送金する方法での入金が前提となるため、海外取引所のBinanceを頻繁に利用する場合は、暗号資産の送金手数料が無料で、日本円の入出金も無料のGMOコインの口座開設を強くおすすめします。

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

具体的な送金の手順は、以下の記事で詳しく解説してますので、興味のある方はどうぞ。

 

www.kumablogreview.com

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/