くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

BinanceのBNB Vaultについて調べてみました

今回はBinanceのBNB Vaultについて詳しく解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

Binanceで口座開設した場合の圧倒的なメリット

・BNBやICPを含む国内取引所では取り扱いのないメジャーなアルトコインの売買が可能。

・BNB Vault,DOTスロット・オークション,ETH2.0ステーキング,Simple Earnなど、元本保証のサービスメニューが豊富。

アルトコインを売買 | 仮想通貨取引所 | バイナンス - Binance

 

1.BinanceのBNB Vaultとは何か

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

BinanceのBNB Vaultとは、保有しているBNBをステークすることで、Binanceがサービスを提供しているSimple Earn,ローンチプールの中から最適なメニューを選択して、ユーザーに代わりシステムが自動でBNBを複利運用するサービスです。

 

2.BNB Vaultで運用可能な銘柄

BinanceのSimple Earnでは、BNBを含む様々なトークンを運用することが可能ですが、BNB Vaultで運用可能な銘柄はBNBのみとなっております。

使い方としては、保有しているBNBをSimple Earnで運用して、Simple Earnで発生した利息をBNB Vaultで運用することで、効率的に資産を増やすことができます。

 

3.BNB Vaultのメリット

BinanceのBNB Vaultのメリットは以下の四つです。

 

① 元本が毀損しない(取引所がハッキングされた場合を除く)

BinanceがハッキングされてステーキングしたBNBが盗まれた場合や、Binanceそのものが破綻した場合は別として、BinanceのBNB Vaultでは、元本を毀損することなくトークンの数量を増やすことができるので、ただBNBをガチホする場合と比較して圧倒的にお得です。

 

② 銀行の預金よりも高い利率で資産を増やせる

日本円を銀行に預けても年利は0.1%以下で、かつ資産価値の上昇は期待できませんが、ユースケースの拡大が見込まれるBNBをステーキングすれば、資産価値の上昇を期待しながら資産そのものを増やせるので、預金の一部を暗号資産に交換して運用する考え方は合理的と言えます。

 

③ 自動振替の機能を利用して複利でトークンの数量を増やすことが可能

BNB Vaultでは自動振替の機能が実装されているので、単利ではなく複利でトークンの数量を増やすことが可能です。

 

④ 運用の難易度が低い

BinanceのBNB Vaultは保有しているBNBをステークするだけなので、DeFiのイールドファーミングのような複雑なオペレーションを必要としません。

DeFiで暗号資産を運用する方法はリテラシーの低いユーザーにとって難易度が高く、また暗号資産の運用を国内取引所に限定した場合、できることがかなり限られてしまうので、国内取引所の利用から一歩踏み込んでBinanceのお得なメニューを使いこなせるようになれば、戦術の幅が拡大して加速度的に資産を増やすことが可能になりますよ。

 

4.Binanceへの送金に便利な国内取引所

日本円の入出金が可能な国内取引所と異なり、海外取引所のBinanceを利用する場合は、国内取引所から暗号資産を送金する方法での入金が前提となるため、Binanceの利用を検討している場合は、暗号資産の送金手数料が無料で、日本円の入出金も無料なGMOコインの口座開設を強くお薦めします。

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

アルトコインを売買 | 仮想通貨取引所 | バイナンス - Binance

 

具体的な送金の手順は、以下の記事で詳しく解説してますので、興味のある方はどうぞ。

 

www.kumablogreview.com

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/