くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

アルトコインが暴落している今は仕込みのチャンス ポルカドットのスイングトレードについて解説します

ビットコインをはじめとする暗号資産の価格が暴落しています。

高値付近で暗号資産に大口の資金を投資した個人投資家が、数十万円から数百万円単位の含み損を抱えて悲鳴を上げる一方、主要な銘柄がバーゲンセール中の現在において、数百万円単位のキャッシュを保有している個人投資家は、暗号資産を安く買って高く売るスイングトレードにエントリーする絶好のチャンスなので、今回はメジャーなアルトコインの一つであるポルカドットのスイングトレードについて解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

ビットコインとイーサリアムを自動積立×ガチホ×レンディングした場合の圧倒的なメリット

・ビットコインとイーサリアムのチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、資産価値の上昇が期待できる。

・自動積立を利用すれば、高い時は少なく安い時はより多くの暗合資産を安値で拾うことができるので、毎日チャートを見なくてよい。

・積み立てた暗号資産をレンディングすれば、追加投資しなくてもビットコインとイーサリアムの数量を増やすことが可能。

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

ビットレンディング[BitLending]

 

1.ポルカドットに着目した理由

仮想通貨ならビットバンク

 

仮想通貨ならビットバンク

 

仮想通貨ならビットバンク

 

Twitterとか見てると、「ビットコインを安く買えるチャンス」あるいは「イーサリアムを安く買えるチャンス」と煽る内容のツイートをよく目にしますが、時価総額1位のビットコインと時価総額2位のイーサリアムが最高値の1/3近くまで下落している一方、ポルカドットは最高値の1/6近くまで下落しているので、私はビットコインやイーサリアムよりもポルカドットのスイングトレードに着目しました。

過去にも何度か記事にしましたが、ポルカドットはAstarのようなパラチェーンが既にローンチして、エコシステムが順調に拡大しているので、ベアマーケットを抜けてブルマーケットに転じれば、おそらくポルカドットの価格は2021年11月に記録した史上最高値を更新すると予想しています。

もし1DOT=1,000円の時に20万円分のDOTを買って、1DOT=6,000円(買った時の6倍)の時に全てのDOTを売却すれば、120万円ー20万円=100万円のリターンが手に入るので、ビットコインやイーサリアムに投資するよりも大きく稼げそうですよね。

 

2.ポルカドットをスイングトレードする場合のマイルール

仮想通貨ならビットバンク

 

私が考えたポルカドットをスイングトレードする場合のマイルールは以下のとおりです。

 

予算:20万円
買いで仕掛けた指値:1DOT=1,000円
売りで仕掛ける指値:1DOT=6,000円
想定するリターン:120万円ー20万円=100万円

 

ポルカドットのスイングトレードについては既に仕込みが完了しているので、後は価格が回復するのを待つばかりですね。

なお、ポルカドットをスイングトレードする場合は販売所ではなく指値注文が使える取引所を必ず利用するようにしましょう。

 

3.ポルカドットのスイングトレードが可能な国内取引所

ポルカドットのスイングトレードに興味がある方のために、ポルカドットの現物取引が可能な国内取引所を紹介しておきますね。

 

bitbank
BITPoint Japan
CoinTrade
GMOコイン
Huobi Japan
Kraken Japan
OKCoin Japan
SBI VC Trade
Zaif

 

販売所での売買、あるいはレバレッジ取引と比較した現物取引のメリットは以下の二つです。

 

・指値注文が使える

・ロスカットが発生しない

 

販売所のデメリットとして何よりもスプレッドが指摘されるところですが、それ以上に販売所では指値注文を利用できないので、希望する安い価格で買って高い価格で暗号資産を売りたい場合、常にチャートを気にしなければいけません。

その点、買いも売りも指値注文さえ仕掛けておけばチャートを気にする必要がない、現物取引のメリットは大きいですよ。

また、予想とは逆の値動きでロスカットが発生するレバレッジ取引は非常にハイリスクなので、たった1回のトレードで資産の大半を失う怖さがあることをよく覚えておきましょう。

その点、どんなに価格が下がっても長期で上値を更新すれば勝つことができる現物取引は、非常に魅力的ですよね。

 

4.おすすめの国内取引所

これまではソラナ以外にも、ビットコイン,イーサリアム,アバランチ,ポルカドットなど、主要なレイヤー1トークンの現物取引が可能なFTX Japanを推してましたが、FTXの破産申請によりFTX Japanを利用できない状況が続いているため、暗号資産のスイングトレードに興味がある方には、現物取引の取り扱い銘柄が豊富なbitbankの口座開設を強くおすすめします。

 

仮想通貨ならビットバンク

 

参考までに、bitbankでは時価総額上位のビットコイン,イーサリアム,アバランチ,カルダノ,ポリゴン,ポルカドットの現物取引が可能なので、今後BNBやソラナの現物取引が可能になれば、少なくとも国内では無双でしょうね。(販売所よりも手数料が割安な取引所が最強説)

 

www.kumablogreview.com

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

bitbank