くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

アルトコインが暴落している今は仕込みのチャンス ポルカドットのスイングトレードについて解説します

ビットコインをはじめとする暗号資産の価格が暴落しています。

高値付近で暗号資産に大口の資金を投資した個人投資家が、数十万円から数百万円単位の含み損を抱えて悲鳴を上げる一方、主要な銘柄がバーゲンセール中の現在において、数百万円単位のキャッシュを保有している個人投資家は、暗号資産を安く買って高く売るスイングトレードにエントリーする絶好のチャンスなので、今回はメジャーなアルトコインの一つであるポルカドットのスイングトレードについて解説してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

ビットコインとイーサリアムを自動積立×ガチホ×レンディングした場合の圧倒的なメリット

・ビットコインとイーサリアムのチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、資産価値の上昇が期待できる。

・自動積立を利用すれば、高い時は少なく安い時はより多くの暗合資産を安値で拾うことができるので、毎日チャートを見なくてよい。

・積み立てた暗号資産をレンディングすれば、追加投資しなくてもビットコインとイーサリアムの数量を増やすことが可能。

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

ビットレンディング[BitLending]

 

1.ポルカドットに着目した理由

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

Twitterとか見てると、「ビットコインを安く買えるチャンス」あるいは「イーサリアムを安く買えるチャンス」と煽る内容のツイートをよく目にしますが、時価総額1位のビットコインと時価総額2位のイーサリアムが最高値の1/3近くまで下落している一方、ポルカドットは最高値の1/6近くまで下落しているので、私はビットコインやイーサリアムよりもポルカドットのスイングトレードに着目しました。

過去にも何度か記事にしましたが、ポルカドットはAstarのようなパラチェーンが既にローンチして、エコシステムが順調に拡大しているので、ベアマーケットを抜けてブルマーケットに転じれば、おそらくポルカドットの価格は2021年11月に記録した史上最高値を更新すると予想しています。

もし1DOT=1,000円の時に20万円分のDOTを買って、1DOT=6,000円(買った時の6倍)の時に全てのDOTを売却すれば、120万円ー20万円=100万円のリターンが手に入るので、ビットコインやイーサリアムに投資するよりも大きく稼げそうですよね。

 

2.ポルカドットをスイングトレードする場合のマイルール

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

私が考えたポルカドットをスイングトレードする場合のマイルールは以下のとおりです。

 

予算:20万円
買いで仕掛けた指値:1DOT=1,000円
売りで仕掛ける指値:1DOT=6,000円
想定するリターン:120万円ー20万円=100万円

 

ポルカドットのスイングトレードについては既に仕込みが完了しているので、後は価格が回復するのを待つばかりですね。

なお、ポルカドットをスイングトレードする場合は販売所ではなく指値注文が使える取引所を必ず利用するようにしましょう。

参考までに私はソラナの売買も可能なLiquid by FTXの取引所でポルカドットの指値注文を仕掛けました。

 

3.ポルカドットのスイングトレードが可能な国内取引所

ポルカドットのスイングトレードに興味がある方のために、円建てでポルカドットを売買できる国内取引所を紹介しておきますね。

 

BITPoint Japan
FTX Japan
GMOコイン
Huobi Japan
Liquid by FTX
SBI VC Trade

 

今回はポルカドットのスイングトレードについて解説しましたが、2022年6月現在はメジャーなアルトコインを安値で拾える絶好のチャンスなので、次回は私が着目しているソラナのスイングトレードについてじっくりと解説してみたいと思います。

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/