くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

運用期間6ヶ月目 BNB,SOL,DOT,AVAX,ICPの積立投資は儲かるのか検証してみました

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

BinanceでBNB,SOL,DOT,AVAX,ICPの積立投資を始めて5ヶ月以上が経過したので、今回は運用期間6ヶ月目の成績をさくっとレポートしてみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

ビットコインとイーサリアムを自動積立×ガチホ×レンディングした場合の圧倒的なメリット

・ビットコインとイーサリアムのチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、資産価値の上昇が期待できる。

・自動積立を利用すれば、高い時は少なく安い時はより多くの暗合資産を安値で拾うことができるので、毎日チャートを見なくてよい。

・積み立てた暗号資産をレンディングすれば、追加投資しなくてもビットコインとイーサリアムの数量を増やすことが可能。

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

ビットレンディング[BitLending]

 

1.BNB,SOL,DOT,AVAX,ICPの積立投資について

BNB,SOL,DOT,AVAX,ICPの積立投資については、毎月GMOコインで25,000円分のリップルを買って、GMOコインで購入したリップルを海外取引所のBinanceに送金することで、疑似的な積立投資を継続しています。

具体的な方法については、以下の記事で詳しく解説してますので、興味のある方はどうぞ。

 

www.kumablogreview.com

 

2.積立投資しているBNBの評価損益

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

元本:30,000円
BNBの価格:29,197.8円
ステーキングしているBNBの数量:0.15789442BNB+0.29302664BNB+0.09592231BNB+0.11105105BNB=0.65789442BNB
BNBの評価額:19,209円
BNBの評価損益:-10,791円

 

3.積立投資しているSOLの評価損益

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

元本:30,000円
SOLの価格:4,380.62円
ステーキングしているSOLの数量:1.75399133SOL+0.96949253SOL+0.36274507SOL=3.08622893SOL
SOLの評価額:13,519円
SOLの評価損益:-16,481円

 

4.積立投資しているDOTの評価損益

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

元本:30,000円
DOTの価格:908.74円
ステーキングしているDOTの数量:6.00248326DOT+1.74879859DOT+2.09606287DOT+6.15513854DOT=16.00248326DOT
DOTの評価額:14,542円
DOTの評価損益:-15,458円

 

5.積立投資しているAVAXの評価損益

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

元本:30,000円
AVAXの価格:2,194.39円
ステーキングしているAVAXの数量:2.63862528AVAX+1.36338547AVAX+0.49576688AVAX=4.49777763AVAX
AVAXの評価額:9,869円
AVAXの評価損益:-20,131円

 

6.積立投資しているICPの評価損益

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

元本:30,000円
ICPの価格:704.66円
ステーキングしているICPの数量:23.76556001ICP+10ICP=33.76556001ICP
ICPの評価額:23,793円
ICPの評価損益:-6,207円

 

BNB,SOL,DOT,AVAX,ICPの積立投資を始めて、まだ5ヶ月しか経過していませんが、現在までの評価損益は全ての銘柄が大幅なマイナスとなっております。(評価額が1円未満になったLUNAと入れ替わりで積立投資を始めたICPは、初回の入金で3万円を投資しました)

もっとも長期で見た場合、個人的に積立投資している5銘柄の価格は再び史上最高値を更新する可能性が高いと予想しているので、BNB,SOL,DOT,AVAX,ICPの5銘柄については今後も淡々と積立投資を続ける予定です。

 

7.Binanceへの送金に便利な国内取引所

2022年12月よりBinanceは日本のサクラエクスチェンジビットコインを買収して、正式に日本市場へ進出することを表明しました。

それにともない日本に居住しているユーザーは、海外取引所のBinanceで新規のアカウントを登録することができなくなりましたが、2022年11月以前に海外取引所のBinanceでアカウントを登録した既存ユーザーは、引き続き海外取引所のBinanceを利用することが可能です。

また、日本円の入出金が可能な国内取引所と異なり、海外取引所のBinanceを利用する場合は、国内取引所から暗号資産を送金する方法での入金が前提となるため、海外取引所のBinanceを頻繁に利用する場合は、暗号資産の送金手数料が無料で、日本円の入出金も無料なGMOコインの口座開設を強くお薦めします。

 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

具体的な送金の手順は、以下の記事で詳しく解説してますので、興味のある方はどうぞ。

 

www.kumablogreview.com

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/