くまちゃんのブログ

年収300万円のサラリーマンが本気でセミリタイアを目指すブログ

bitFlyer,Coincheck,GMOコインの各種手数料を比較してみました

f:id:kumablogreview:20210717141518j:plain

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

 

今回は暗号資産の自動積立サービス(毎日積み立てのプラン)を展開している、主要三社(bitFlyer,Coincheck,GMOコイン)の各種手数料を比較してみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

 

1.主要三社の入出金手数料

暗号資産の自動積立サービスを展開している、主要三社の入出金手数料は以下のとおりです。

 

・日本円の入金(クイック入金の場合)

bitFlyer:無料(住信SBIネット銀行から入金する場合)

Coincheck:770円(3万円未満),1,018円(3万円以上50万円未満),入金する金額の0.11%+495円(50万円以上)

GMOコイン:無料(1,000円の入金から可能)

 

・日本円の出金

bitFlyer:220円(3万円未満,三井住友銀行へ出金する場合),440円(3万円以上,三井住友銀行へ出金する場合)

Coincheck:770円(3万円未満),1,018円(3万円以上50万円未満),入金する金額の0.11%+495円(50万円以上)

GMOコイン:無料(1万円の出金から可能)

 

三社を比較すると、日本円の入出金はGMOコインが一番お得ですね。

Coincheckは日本円を入金する場合も出金する場合も手数料が発生しますが、私も利用している「Coincheckつみたて」については、毎月設定した金額が銀行から自動引き落としされるので、Coincheckの口座に日本円を入金する必要はありません。

国内の取引所についてはどこがナンバー1というわけではなく、用途に応じて各取引所を使い分けたいところなので、本格的に暗号資産に投資するのであれば、三社とも口座開設しておいて損はないですよ。

 

2.主要三社の送金手数料

海外取引所やDeFiの利用も検討している場合は、コインを他の取引所に送金する際の手数料もチェックしておきたいところですが、暗号資産の自動積立サービスを展開している、主要三社の送金手数料は以下のとおりです。

 

・ビットコインを送金する場合の手数料

bitFlyer:0.0004BTC

Coincheck:0.001BTC

GMOコイン:無料(0.02BTCから送金可能)

 

・イーサリアムを送金する場合の手数料

bitFlyer:0.005ETH

Coincheck:0.01ETH

GMOコイン:無料(0.1ETHから送金可能)

 

・無料で送金できるコイン

bitFlyer:ステラルーメン,モナコイン,リップル

Coincheck:なし

GMOコイン:GMOコインで取り扱っている全てのコイン

 

三社を比較すると、コインの送金手数料もGMOコインが一番お得ですね。

ただし、ビットコインにしろイーサリアムにしろ、GMOコインでは一定の数量を保有していないと他の取引所にコインを送金できないので、少額のコインを海外取引所に送金したい場合は、bitFlyerが有力な選択肢となります。

海外取引所を利用したアルトコインのトレードについては、回を改めてレポートしますのでお楽しみに。

 

ビットコインとイーサリアムの自動積立が可能な暗号資産交換業者

かんたん積立 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin) - bitFlyer

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

 

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

コインチェック