くまちゃんのブログ

忙しいサラリーマンのための投資に効くメディア

FTX Japanから資金を引き出せなくて困ってます

今回は破産申請して世界的に話題になっているFTXの子会社、FTX Japanに拘束されている暗号資産とFTX関連のニュースについてまとめてみました。

それでは早速行ってみましょう。

ビットコインとイーサリアムを自動積立×ガチホ×レンディングした場合の圧倒的なメリット

・ビットコインとイーサリアムのチャートは長期的に右肩上がりで上昇しているので、資産価値の上昇が期待できる。

・自動積立を利用すれば、高い時は少なく安い時はより多くの暗合資産を安値で拾うことができるので、毎日チャートを見なくてよい。

・積み立てた暗号資産をレンディングすれば、追加投資しなくてもビットコインとイーサリアムの数量を増やすことが可能。

はじめての仮想通貨はコインチェック

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

ビットレンディング[BitLending]

 

1.FTX Japanで拘束されている暗号資産

仮想通貨ならビットバンク

 

2022/11/19現在、FTX JapanのHPにログインすることはできませんが、一応FTX Japanのアプリで保有している暗号資産の評価額が確認可能なので、スクショを貼っときますね。

 

・アバランチの評価損益

評価額:384,270円
元本:500,000円
評価損益:-115,730円

 

・ソラナの評価損益

評価額:177,780円
元本:400,000円
評価損益:-222,220円

 

・ポルカドットの評価損益

評価額:129,460円
元本:200,000円
評価損益:-70,540円

 

ソラナとポルカドットはLiquid by FTXで約定してからFTX Japanに移管、アバランチはFTX Japanの取引が停止する前に、2,000円の指値で仕掛けていた50万円分の買い注文が全量約定しました。

アバランチの指値注文が約定したタイミングでFTX Earnを始めましたが、がっぽりと金利を得る前にFTXが破産申請して、金利を得るどころの騒ぎではなくなってしまいました(泣)

 

2.SOLの価格推移

仮想通貨ならビットバンク

 

Binanceに次ぐ世界第2位の暗合資産取引所であるFTXが破産申請したことで、FTXが出資していたトークンの価格が大きく下落しています。

ソラナについては、数ヶ月前に4,000円の買い指値で一括投資した時は「安く買えた」と喜んでいましたが、まさかの2,000円以下まで価格が暴落しています(泣)

 

3.FTTの価格推移

仮想通貨ならビットバンク

 

FTTについては、ソラナのようにDeFiでの用途がなく、FTXの利用を前提に保有するメリットが設計されたトークンなので、ソラナ以上に価格が暴落しています。(トークンの価格が1円以下になったLUNAよりは、ましなレベル)

FTTについては暴落前からホールドしていなかったので、痛みはないですねWWW

 

4.Twitterの有益ツイートを抜粋してみました

ついでにTwitterから拾った有益ツイートをいくつか抜粋してみました。

 

 

 

 

これまでの報道では、FTX Japanに預けていた顧客の資産は、暗号資産をコールドウォレットに、法定通貨を国内の信託口座に分別管理していたので、世界一厳しいと言われる日本の法令のおかげで、なんとか顧客の資産が保護されるみたいですが、本当に資産の返還が実現するのか、今は誰にも分からない状況です。

貧乏人の私としては、110万円分の暗合資産が戻ってこないと死んでしまうかも(泣)

 

5.おすすめの国内取引所

これまではソラナ以外にも、ビットコイン,イーサリアム,アバランチ,ポルカドットなど、主要なレイヤー1トークンの現物取引が可能なFTX Japanを推してましたが、FTXの破産申請によりFTX Japanを利用できない状況が続いているため、暗号資産のスイングトレードに興味がある方には、現物取引の取り扱い銘柄が豊富なbitbankの口座開設を強くおすすめします。

 

仮想通貨ならビットバンク

 

参考までに、bitbankでは時価総額上位のビットコイン,イーサリアム,アバランチ,カルダノ,ポリゴン,ポルカドットの現物取引が可能なので、今後BNBやソラナの現物取引が可能になれば、少なくとも国内では無双でしょうね。(販売所よりも手数料が割安な取引所が最強説)

 

www.kumablogreview.com

以上、投資にドハマリしているくまちゃんの暗号資産に関する記事でした\(^o^)/

bitbank